タグ:体験 ( 18 ) タグの人気記事

琉球ガラス体験 * 那覇市伝統工芸館(てんぶす那覇)


国際通り沿いになる、
那覇市伝統工芸館で、
琉球ガラスのコップ作り体験。



d0136804_10111890.jpg






ただいまおおよそ1500℃・・・。




d0136804_10122516.jpg


工房の職人さんたちの、
体験者と写真を撮ろうとする仲間たちの安全を確保する、
見事な連携プレーにも目がいきます。



d0136804_10140099.jpg





場の空気というのは、
偉大で、
子どもの顔は、
キリリ。




d0136804_10143889.jpg




赤い部分は、
熱いから、
赤いのです。



d0136804_10154129.jpg




そして、
ひとばん、
500℃だったかな、
の窯のなかで冷やして、
翌日には、
受け取れます。



d0136804_10213105.jpg



焼物とは違い、
なにもかもがスピーディー!
体験時間は、
たぶん約10分くらい。

焼物は、
旅人の場合、
完成後に郵送をお願いすることになり送料がかかることが多いのかなと思うのですが、
このガラス体験は、
翌日に受け取れるのも魅力のひとつかも。

それと、
体験というのはもちろん楽なところだけを楽しませてもらっているわけですが、
それでも、
こうして作ったものを使うことは、
子どもには、
いいことだろうなと。

今回は、
那覇市伝統工芸館併設の工房で、
体験しました。
首里織りや陶芸、
紅型に漆器の体験もできます。
予約してからでかけると、
スムーズです。


興味がある方はぜひ、
下記の公式HPにアクセスしてみてください。






by dokoshima | 2018-07-17 10:32 | つくりびと+つかいびと | Comments(2)

ブルーシールのアイスバーづくり体験。


58号線沿いのブルーシール本店に併設してできたらしい「アイスパーク」、
楽しそう♪


https://www.blueseal.co.jp/



そのうちぜひ♪

by dokoshima | 2016-09-24 08:55 | 食べる * いろいろ | Comments(0)

第14回 壺屋でシーサーの日

今日が4月3日で、
シーサーの日であることに、
毎日拝見しているブログをみて気がつかされた私。


検索してみると、
あらららら、今日、
那覇市立壺屋焼物博物館3Fで、
面シーサー作り体験が、
常よりもぐぐぐぐっとリーズナブルにできるのね、と。
壺つくり屋さんにもあこがれていた娘に、
壺ではないけれどやる?、ときいたら、やりたい、と。
ただ、
もうすでに定員に達しているかもしれないな~と思いつつ電話してみたら、
あらまあ、空いてる、ラッキー♪
*5日もできるみたいですよ~。


というわけで行ってきました。



d0136804_1961178.jpg




メキシコっぽいというか、インカっぽいというか、
古代な感じ、、、。
シーサーになるのかしら・・・。



d0136804_1964558.jpg





まわりの、
もくもくと取り組む子どもや、
びっくりするほど手取り足取りなお母さんとかが気になる娘。




d0136804_1974226.jpg





気をとりなおして、わが道を進む・・・。




d0136804_1982691.jpg





大満足。

ろくろをまわし、
コップや壺をつくるところをみられたり、
常ならば有料の博物館を無料で楽しめたりと満喫。

帰路、
やちむん屋さんでやちむんが割引になっていたので、娘と一緒にお店にはいり・・・。
娘用のお茶碗を、娘が自分で選び、
母さんが買いましたとさ。
で、うれしそうに、晩ご飯食べていました。

なんでも、
それをつくった人がいることに気づき、
いろんな仕事があることに気づくと、
たのしくなるかもね、人生が、たぶん。



◆第14回 壺屋でシーサーの日
http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/tsuboya/index-2-2015%20sisa.html



◆シーサーの日以外は、育陶園でできますよ。
http://www.ikutouen.com/
by dokoshima | 2015-04-04 08:02 | 沖縄で体験ツアー | Comments(0)

子どもとヨナグニウマの時間。

ここの時間、好き。

与那国島の牧場も、
南城市の牧場も、どちらもいい時間が過せるなと。




d0136804_99356.jpg





今回は、トゥバルにお世話になりました。




d0136804_910194.jpg





馬も、鶏も、犬も、娘も、
スティックニンジンが好き。
さすがにここでは、
娘は食べなかったけれども。




d0136804_9102493.jpg






また行きたいと思う場所。




d0136804_9114948.jpg





久野さんの牧場は、いいな~、と思うのです。
トータルだなって。
動物たちがいて、自然があって、人間がいて。
その感じが好きです。
なのでご紹介。


◆沖縄本島の南城市の、うみかぜホースファーム
http://www.yonaguniuma.com/umikaze


◆八重山諸島の与那国島の、ヨナグニふれあい広場
http://www.yonaguniuma.com/yonagunitop.html
by dokoshima | 2015-04-03 09:24 | 沖縄で体験ツアー | Comments(3)

そばメモ26 * サン食品の沖縄そば教室

すっごくよかったので、
「サン食品」の沖縄そば教室情報を追記。



d0136804_7342035.jpg




こちらの写真は、
生地を切るところなのですが、
この麺きり包丁を使うのです、みんな。
で、切り方をレクチャーしてくださっているところです。
この日、レクチャーしてくださったのは、
・・・まさかの、社長さん。
80代とのことですが、
こうして体験教室にもお顔をだされるのだそう。



d0136804_14351933.jpg




↑ 粉やかん水についての説明をしてくださっています。
写真右端に見えるのが、むかしながらの木灰汁です。
木灰のうわずみ、を、むかしは混ぜていたのです。
と、知ってはいましたが、こうして実物の汁をみるのははじめて。
へ~、これなんだ~と。



d0136804_14354878.jpg




↑ 詳細は省きますが、粉にしこみ水を混ぜる、その混ぜ方もコツがあるのです。
で、なんじゃかんじゃ騒ぎつつ生地をなんとか揉んだのち、
工場見学へ。
これにも、ちびっ子おおはしゃぎ。
このあいだに、生地を寝かします。



d0136804_14362885.jpg




↑&↓ で、のばします。これもね~、見るとやるとは大違い。
いい勉強になりました。



d0136804_14364943.jpg




↓ そして、緊張の時間。



d0136804_14370815.jpg




↑ なんでも、姪っ子は、ピーラーは使ったことがあるけれど、
包丁は使ったことがなかったのだそう・・・。いい顔してんじゃん!

↓ ピーラーも包丁も使ったことがある娘ですが、
包丁のでかさに、びびりまくり。
社長さんの補佐のおかげで、母さん、涙目にならずに安心してみていられました。



d0136804_14373313.jpg




↓ で、しっかり粉をまぶして、
・・・沖縄そばが大好物の娘は、
この段階でもう、食べたくてたまらない、と・・・。




d0136804_14375276.jpg





さっとゆがいて、
用意してくださっているスープにいれて、完成!

「くわっちーさびら♪」




d0136804_14380950.jpg





もっちもち~。
ずるずるずる♪
おいし~!
最高~!!!




d0136804_14383413.jpg





賞状までいただいて、
子どもたち大満足。



d0136804_14384980.jpg





と、まあこんな感じの時間でした。
朝10時集合でランチタイムまでこちらで過すのですが、
沖縄そば好きの方でしたら、
きっと楽しい時間になるかな、と。


で、ここから先はオマケなのですが、
わたしがすっごく感動したことをば。


写真にうつりこんでいる、
娘たちを補佐してくださったのは、
先にも記したとおり、
サン食品の取締役社長さん。
たしか82歳っておっしゃっていたかな。

熊本のご出身なのだそう!
海洋博の頃に水にかかわるお仕事でいらして、
いまに至るとのこと。

で、この方こそが、
「沖縄そば」の名称を残すために尽力した方だったのです!
びっくり&感動。

《 10月17日の、沖縄そばの日 》の原稿を書く過程で、
いまこうして《沖縄そば》と呼べるまでには、
人々の苦労があったことの概略は知ってはいたのですが・・・。


どうどうと「そば」と呼べるようになった日(沖縄生麺協同組合HP)
http://www.oki-soba.jp/history/day.html


うわーーー、
この方なんだ~~~~、と。

あのとき、
がんばってくれた方がいらしたから、
いまわたしたちが日々食べているあの麺料理を、
「沖縄そば」と呼ぶことができているのだと。

ありがとうございます!

そしてもうひとつ、
沖縄そばの歴史についてもスタッフがお話しくださるのですが、
その内容もおもしろいのです。

たとえば、
1534年に尚真王の法事供養の品として「粉湯」なるものを供えられた、とか。
これをつくるために、大陸から職人が来た、とか。
なんでも、北京大学の文献資料から見つけてきたのだそう。
すてき!

娘がもう少し大きくなったとき、
あのとき、沖縄そば作りを手伝ってくれたおじいさんのおかげで、
この麺のことを沖縄そばって呼べるんだよ~、と語って聞かせます。
3年生くらいになれば、
その重みがわかるかな。

いやはや。

勉強になりました。

皆さんも、
沖縄本島旅行の際には、
沖縄そば作り体験教室に参加してみませんか?

楽しかったですよ~。
(ちょっと大変だけど(笑))
by dokoshima | 2015-03-28 08:20 | 食べる * 沖縄そばメモ | Comments(0)

そして、うーじ染め体験。

北海道の昆布漁師のお母さんたちから、
おこずかいをいただいたふたり。

そのお金で、
うーじ染め体験を。

場所は豊見城の道の駅。


d0136804_14425628.jpg


うーじ染めしてある巾着袋に、
紅型的な感じに色をのせる体験。
1500円。

4月末のサトウキビの日には、
無料で体験できるそう。

行けたら、行こうかな〜。。。








by dokoshima | 2015-03-26 14:39 | 沖縄で体験ツアー | Comments(0)

届いた! *  石垣島 「あざみ屋」での織り体験


昨夕、
ポストに投函されました♪






d0136804_1222714.jpg









とーーーーーーーっても、うれしそう♪


園へ向かう車中で、
なにに使うか思案を重ねておりました。



* これを織ったときのこと →  http://nutigusui.exblog.jp/21310258/



by dokoshima | 2014-11-21 12:02 | 旅する * 沖縄の島 | Comments(0)

あざみ屋で、みんさー織り体験。 * 石垣島

あざみ屋さんでの織り体験を朝10時に予約して、

ランチョンマットサイズの織り体験にトライ。

所要時間は90分、とのこと。


d0136804_18150337.jpg


足が届かないので、
足だけ私がお手伝い。


d0136804_18155757.jpg


さすがに途中でだれてたけど、
なんとかひとりで糸をとおして、
とん、とん、してました。

しゅー、とん、かたん、とんとん。

このリズム。
音楽だなー。


d0136804_18175452.jpg



端の処理をしたのち、
明日、郵送。












◆織ったものが、どんな風に届いたか? → http://nutigusui.exblog.jp/21321765/


◆織ったものが、その後、どう使われているか・・・→ http://nutigusui.exblog.jp/21330428/



◆織ったものを、色鉛筆入れにリメイク♪
http://nutigusui.exblog.jp/21942231/


◆ あざみ屋さんのことを書かせていただいた記事 → http://www.churashima.net/tsutaeru/goods/07/index.html


◆みんさー工芸館のHP → http://www.minsah.co.jp/

by dokoshima | 2014-11-17 18:19 | 旅する * 沖縄の島 | Comments(4)

サタZOOナイト!

夜の動物園 サタZOOナイト、
おもしろかった・・・。

今宵、行ってきました。

嘉手納で早めの夕食をたべて、
18時に「沖縄こどもの国」到着。

まずは18時半からのワニさんのお食事見学を・・・。
あんなに動くワニ、
はじめてみました・・・。
ばくーーーっと、凄い音します、鶏肉さんに食いつくとき。
ワニさんへの愛あふれる飼育員さんの説明もおもしろく、
子どもも大人も、く・ぎ・づ・け!



d0136804_23384915.jpg




川で、会いたくないな~、ワニに。
と、思いました。

そして、ワニさんのお食事見学がおわると、
背後のゾウさんコーナーで、
ゾウさんへのえさあげ体験(えさ200円)が始まります。
バナナ、リンゴ、イモ、ニンジンなどがはいっていました。



d0136804_2336027.jpg




なぜ、まわりに子どもがいないかと言うと・・・。
いっぱいいっぱいいたのですが、
気づけばフキだけになった次第。
バナナが短くて、
あげるのに躊躇した結果でございます。
でもね、ゾウの鼻がぬれていること、
それから力が強いこと、体感したようでございます。
あ、鼻に毛が生えていることもね。



d0136804_23425822.jpg




 ↑ 気になった看板・・・・・・



d0136804_23423555.jpg




カバも、ツシマヤマネコも、イノシシも、
よく動いていて、夜だな~~~と。


エレガントな容姿のオオアリクイが、
まるでおっさんのように、
水場に入り、
爪でゴリゴリ体を掻いていたのは衝撃だった。
夢かと疑うほどに、人間っぽかった・・・。
オオアリクイ、好きなのに・・・。
あんなに、おっさんぽいだなんて・・・、ショック。
あまりに凄い入浴シーンで、
あ然として写真も動画も撮り損ねました。
ぜひ、沖縄地元局に動画を撮っていただきたいシーンだったなと。。。


エゾヒグマの、お食事タイムも見学しました。
窓ガラスに、餌をはりつけたり、
水場に餌を浮かべたり、
ちょっと隠してみたりして、
それを探して食べるヒグマを観ることができます。
あんなに動くクマ、これもまた始めてみたなと・・・。
(ぜひとも、飼育コーナー中央のガラスの前、
もしくは水場前のガラスの前で待機してくださいね。
きっと観察しやすいはず)


いやーーー、楽しかった。


鳥さんたちとも、ふれあえます。


まずは、リュウキュウコノハズク。
体重は80gです。



d0136804_23503057.jpg




そしてヒヨコ。
体重は30g。



d0136804_23511848.jpg





ぶーんぶーーーん。



d0136804_23521350.jpg




ほかにも、
昭和な香り漂うメリーゴーランドと、
昭和な香り漂う列車にも乗り、ご満悦。


電飾された遊園地コーナーは、
おそらくいまの彼女には大変きらびやかで、
豪華な場所にうつったことでしょう。
大人になったとき、
きっと驚くだろうな・・・。
こんなにもささやかな遊園地だったのだと。


タイタニック風。



d0136804_23531021.jpg




サタZOOナイト、いい!
沖縄で、夏の昼間に動物園に行ったら・・・、かなり厳しい環境だろうなと。
でも、夕方からなら、楽。
もちろん汗だくにはなりますけれども、夜風は心地よくて。
カバとかオオアリクイのあたりは暑いのですが、
それでも昼に比べたら、へのかっぱ。


わたしたちのような、
わりと歳がいった夫婦には、
こうゆう子どもとの遊び方ができると、助かる日もあるなと。


もちろん帰宅は遅い時間になりますから、特別、ですけれどもね。


ああ、あと、
デートにもいいはず。


夜の動物園 サタZOOナイトの開催日や、
もぐもぐウオッチング&えさあげ体験情報はコチラでチェックを♪
事前に確認しておくと、より楽しめると♪
    ↓
http://www.kodomo.city.okinawa.okinawa.jp/event/



では、おやすみなさい。
by dokoshima | 2014-07-20 00:04 | 沖縄で体験ツアー | Comments(0)

続・ドルフィンスクール * もとぶ元気村

d0136804_16335984.jpg





いってきました、
もとぶ元気村

フキ(4歳)がひとり参加したのは、
ドルフィンスクール50分4500円(小人料金)。




d0136804_16371529.jpg





必ず濡れるので、
濡れてもいい服装で参加とのこと。
フキは水着で参加。
マリンブーツは借りられるそうですが、
サイズがないこともある、とのことだったので、
持参。
救命胴衣は必ず着用。




d0136804_16383580.jpg





背中と胸びれを触らせてくれます。
おりこうさんな、イルカさん。




d0136804_16385133.jpg





歯がいっぱい。




d0136804_1639861.jpg





どんなところかというと、
こんなところでの体験です。




d0136804_16394762.jpg





イルカは、
おりこうさんですね。
あいまいな指示をだすフキに、
困っているようでしたが、
つきあってくれていました。
というか、イルカの動きがリードしていたような気も・・・。



「イルカはねー、歯がいっぱいなの」

「イルカの背中はつっるつるなの」

「イルカはねー、あたたかいと冷たいが重なっているの」



きっと、また行くと思います!
by dokoshima | 2013-08-21 09:18 | 沖縄で体験ツアー | Comments(0)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。
9歳の日々。

タグ

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

最新のコメント

くみ様:暑い日が続いてい..
by dokoshima at 08:47
くみ様:こんにちは。コッ..
by dokoshima at 08:43
地元の方も行かれるのです..
by くみ at 21:41
石垣でとんぼ玉を作ったこ..
by くみ at 21:34

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル

沖縄諸島
旅行家・冒険家