<   2018年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

すぐそばに奴がいる。



ベランダから、
空を見あげたら。




d0136804_15521613.jpg




ドラマチックな雲!



別の方角には、
こんな雲。



d0136804_15530848.jpg



台風・・・か。

あ。
ベランダ、
片付けておかなくちゃ。


d0136804_15535720.jpg





by dokoshima | 2018-06-29 15:54 | 台風とか、天体とか | Comments(1)

インスタグラム

インスタグラム、
通称インスタを、
始めてみたら、
想像していたよりも楽しくて。


かなり気軽に、
おもしろいな、
きれいだな、
あっ、と思った風景をメモする感覚なのかな?、と。
 

この画面右にある、
                → → → → → → → → →
水色のカメラマークをクリックすると、
開きます。


ブログをご覧になってくださっている皆さまにも、
お時間あるときに、
お気が向いたときに、
覗いていただきたく、
お知らせさせていただきました。




by dokoshima | 2018-06-27 19:36 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(3)

絹糸

d0136804_12264778.jpg






糸、
とりました・・・。

くつくつ煮ること40分。

水にとり、
くるくる割り箸や竹串でさわっていると、
糸がひっかかり、
すすすすすっと・・・。

が、
ぶちっと切れることしばしば。

娘はこういう作業が好きなものですから、
くるくるくるっと、
糸を巻き取っていました。




d0136804_12285381.jpg




見えますか?


ひとつの繭から、
1500mの糸がとれると、
わたしが見たネット情報には書いてありました。



d0136804_12290769.jpg




このあと、
もう少し巻き取ったのですが、
いま、
写真を撮ろうと思い娘の机まわりを探したのですが、
巻きとった紙が見当たらない。


・・・。


学校に持って行ったのかな?


ちなみに学校の理科室にいらっしゃるカイコさんたちも、
皆さん、
繭になられたとのことで。


もう、
カイコは連れてこないでね、
と、念をおしておきました。


でも、
オオゴマダラなら、
母さん、
育ててみたいかも。



~ 追伸*ここまでの道のり ~

「糸を紡ぐ虫」
https://userconf.exblog.jp/entry/?srl=26896417

「お蚕さん」
https://nutigusui.exblog.jp/26850125/

「家族は増える」
https://nutigusui.exblog.jp/26829563/




by dokoshima | 2018-06-26 12:34 | つくりびと+つかいびと | Comments(2)

小さなジーファー。



何年か前に、
私の手元にやってきたジーファー。


ジーファーとは、
沖縄の、おもに、女たちが、
結い上げた髪に挿していた簪のこと。


いまはおもに、
琉舞を舞う方々が大きく結い上げた髪に艶やかなものを挿しているけれども、
私よりも少し年輩の方に伺えば、
「おばあちゃんは髪に挿していたよ」と、
おっしゃられる方も多く・・・。


昭和の時代には、
ジーファーは、
そうでない方もいらしたものの、
人によっては、
日常の簪だったのです。


小さいながら、
材は銀ではないながらも、
じっと見れば、
丁寧に作られていることが伝わるこの写真のジーファーが、
わたしはとっても、
いとおしくて、
そばに置いていました。





d0136804_14334663.jpg



・・・結局私は、
何年も、
このジーファ―の取材を続けてきたのですが、
続けてきたいま、
さらにもっと最初手にした頃よりずっと、
このジーファーがいとおしく感じられていることを、
感じています。


どなたが作り、
誰の手に渡り、
使われ、
どこでどのように朽ち、
どんないきさつを経て、
ここにあるのかなと・・・。




by dokoshima | 2018-06-25 14:40 | ジーファーとクガニゼークの取材に歩く | Comments(0)

ベランダのお客さま


ベランダには、
トンボだったり、
蝶だったり、
鳩だったり、
ヤールだったり、
ゴキブリさんだったりがやってくるのだけれども、
この日は、
この方が・・・。


d0136804_16213117.jpg




まあ、きれい!

たぶん、
ナナホシキンカメムシ。




d0136804_16232652.jpg





甲羅もきれいだけれども、
おみ足の配色もすばらしい!




d0136804_16225023.jpg





クジャク的な色合い・・・。




d0136804_16223263.jpg




たとえ家からでなくても、
楽しい日常。





by dokoshima | 2018-06-24 16:31 | 草木と、ベランダ。 | Comments(0)

石垣島から「ゲンキ クールサイダー」。


石垣島からやって来た友人からのお土産。

それが、
「ゲンキ クールサイダー」!



d0136804_09393255.jpg





石垣島空港の、
2階の手荷物検査場を抜けた真正面右手にある、
JTAの「コーラルウェイ売店」で買ってきてくれたとのこと。
重かったろうに・・・。

彼女はいつも、
石垣島の美味しいものを運んできてくれるのだけれども・・・。

どれどれ♪

コポコポコポ。




d0136804_09430400.jpg





とっても甘いのかな?
という想像をふわりと裏切り、
ほのかな酸味と強すぎぬ炭酸で、
あらん、
美味しい♪


大人も子ども楽しめるギリギリラインの甘さ。だから美味しい!


これは、
妹の評。
上手いこと言うな。
座布団3枚だな。




d0136804_09452739.jpg


パッケージは昭和カワイイだし、
商品名の由来が記されているからフムフム感も楽しめるし、
お味もよろしいし、
地域間満点だし、
これは、
自分用にも、
そして夏の贈物にも、
よろこばれそう。

ぜひ♪

ありがとう。




by dokoshima | 2018-06-22 09:52 | 食べる * いろいろ | Comments(3)

「le cocon」の、牛乳パックのバッグ。


d0136804_17084489.jpg


石垣島在住の友人が誘ってくれて、
「le cocon」の工房へ。


人の手で、時間をかけて、
まるで、なめし皮のように、
そして、総絞りの着物のように、
牛乳パックを変身させたものを材として、
バッグなどを作っていらっしゃいます。


写真は、
その行程から生まれた端切れで作ったコースター。


で、
じつはわたし、
こちらのバッグが欲しいな~~~と、
ずいぶんと前にどこかのショップでおみかけして以来、
ずっとほんのりと思い続けていたものですから、
肩掛けタイプの、
白い横細長バッグ(たしか6000円)を、
注文♪


なにしろユニークだし、
とっても軽いし、
白さが美しいし、
そのうえ水にも強いし(もと牛乳パックだからね!)、
くわえてお手軽価格でのお直しもできるとのことで、
ハルカ的には満点。


作り人を訪ね注文する時間って、
じつに心豊かな時間だなと。


しあわせです。


誘ってくれた友人にも、感謝。
ありがとう。



「Le cocon」のバッグには、
ここまでに記していない、
ステキがほかにも詰まっているのです。
ぜひ、
下記にもアクセスしてみてください。








by dokoshima | 2018-06-21 17:18 | つくりびと+つかいびと | Comments(0)

京都2018。


インドア派なのですが、
家に居るのがわりとすきな性質なのですが、
理由が3つ重なると、
ぷいっと旅にでられる、
そんな気がしています。

今回は、
詳細は書きませんが、
3つ、
理由が重なりました。

なので、
出かけました。


d0136804_18551638.jpg



京都。

3つの理由に、
取材的まなざしは含まれていなかったのですが、
行けば、
自分の視点が、
自然と職人へと向かうものなのだなと。



d0136804_18571076.jpg




娘たっての希望で、
和菓子作りを。

ういろうの枇杷、
餡の紫陽花、
ほかには鮎と撫子。

季節が明瞭な京都ならではだなと。

お隣りに座られた方に、
「沖縄のお菓子は?」と問われ思うに、
沖縄のお菓子には、
焼く、揚げる、
という行程がはいるものが多いのかなと。

大好きな冬瓜漬は、
煮る、
ですけれども。


d0136804_19000849.jpg



二条城と、
予約なしで見学できるようになった京都御所は、
ガイドツアー(二条城は有料、御所は無料)に参加。

ガイドさんと歩くわけで、
(なかなかに)たっぷり歩きますし、
時間も要しますが(2時間なイメージで組むと安心)、
価値、
ありました。

歩きやすい靴、
帽子などの陽射し対策グッズ持参で、
あと余裕ある行程で、
ぜひ。

二条城では、
ガイドさんから、
職人さんの遊び心を、
教えていただきました。



d0136804_19023819.jpg




この小鳥、
千鳥だったかな、
は、
大きな大きなそれは立派な門の足元に、
たっぷりと入れられた装飾のなかに、
この一羽、
だけなのです。

最近、
建築当時と同じように復元すべく、
金箔を貼る作業をおこなっていた際に見つけられた鳥、
なのだそうです。

それから、
二条城のガイドツアーで、
とても印象的だったのが、
こちら。




d0136804_19045988.jpg




ガイドツアー参加者だけが、
特別に見学することができる門の、
落書き。
・・・落彫り?

この門は、
二条城の裏門的な門で、
ここから早朝、
慶喜公は二条城を脱出した、
といわれているのだそうで・・・。

装飾が施された、
威厳ある門とは異なり、
侘しい門で、
お堀を渡る橋も、
ありません。

この落彫りは、
その門の、
片方にだけ刻まれていました。

想像が膨らむ門。



d0136804_19051962.jpg




人に、親しみが湧く時間でした。



d0136804_19053413.jpg




落彫りをしている場面を想像すると。。。



d0136804_19055160.jpg




もみじが、
とてもとても美しかった。



d0136804_19105229.jpg




d0136804_19113572.jpg




「写るんです」って、
いまも売っているのですね。
娘に、
持たせました。
現像するのが楽しみです。
もちろん、
御朱印帳も持参。



d0136804_19121429.jpg




あじさいの花は、
触れるとひんやり。



d0136804_19130748.jpg




道中、
いろいろなことがあったのですが、
そのいろいろは省略。



d0136804_19134675.jpg




短い旅でしたが、
まるで、
異国を旅したかのような余韻に包まれています。


地震、
おさまりますように。






by dokoshima | 2018-06-20 19:46 | 旅する * 県外 | Comments(0)

糸を紡ぐ虫。


シルクのスカーフ、
シルクの布。

沖縄の4月の、
しっとりとした風みたいな触り心地で、
やっぱり気持ちいいな~と思う、絹。

その絹は、
こうして蚕さんが体から吐きだした、
その糸なのだなと。

頭ではわかっていたけれども・・・、
わかっていなかったような気がしています。

ちなみに、
蚕を育ててみて思ったのは、
とてもさらさらとした、
清潔な印象の虫だなということ。

汁っぽさは皆無で、
触れれば素晴らしい肌触りだし、
糞はころころでドライだし。
しかも、
蓋いらず。
まったく脱走を企てる気配なし、でした。
これは、
去年育てたモンシロチョウの幼虫さんとは大違い。

同じこともあるけれども、
ずいぶんと違うな、とも思いました。


そして昨日の夕方、
16時25分頃。



d0136804_09372168.jpg




あれほどガシガシと食べていたのに、
ぴたりと桑の葉を食べなくなった蚕さんは、
じわじわと体が縮み・・・。

黄色っぽくなり、
葉のうえで、
糸を吐き始めていました。

なので、
こちらの家へ引っ越しを。



d0136804_09373434.jpg




ネットで検索して、
情報を参考に、
ラップの空き箱を解体して作りました。

3匹で、
よかった・・・。



d0136804_09394422.jpg




艶やかな糸。

ああ、
絹だなと。




d0136804_09402770.jpg




細い糸・・・。

・・・体から糸を紡ぐ。


そして、19時14分。



d0136804_09412639.jpg





繭の設計図って、
彼らのどこに納められているのかしらと。

立体的に、なってきました・・・。



d0136804_09425684.jpg




もはや、
アート。



d0136804_09431332.jpg




そして朝6時半。



d0136804_09451712.jpg





子どもたち、
絶句。




d0136804_09454497.jpg




なかで、
懸命に糸を紡ぎ、
繭を作っているその動きが、
透けてみえるのです。



d0136804_09461524.jpg





絹への感じ方が、
変わる日々。

育ててみて、
よかった・・・。

娘が蚕さんトリオをもらってきた日から、
ぼんやりと迷っていたけれど、
方針は決まったなと。





by dokoshima | 2018-06-14 09:52 | 9歳の日々。 | Comments(2)

田植え。



「稲って、お米?」

という、衝撃の質問を娘からもらったのは、
一ヶ月くらい前だったか・・・。

まあ、
たしかに我々が暮らす那覇は、
身近に田んぼがないのですが、
それにしても、
なかなかに斬新な質問だったなと。

というわけで、
稲を育ててみたいなと思い、
インターネットの海をサーフィンしたら、
あったのです。

JAが、
無料(!)で、
種子と肥料と育て方資料をプレゼントするという企画が。

お金って、
あるところにはあるんだな~とか妙な関心をしつつ、
取り寄せました。




d0136804_08342097.jpg





で、届いたので、
芽吹かせて、
育て方の資料にあったタイミングとは大きくズレてしまったのですが、
いざ、田植え。

BGMは、
スマホで検索した田植え唄・・・。



d0136804_19374956.jpg




まず、
土に悩まされました。

資料に記されていた土は、
沖縄では第一候補も第二候補もなく、
結局、
浦添の「メイクマン」の土売場でお詳しい店員さんに助言をいただき、
赤玉土を購入。

界隈の小学校では、
この赤玉土だけで育てているのだそう。

で、私たちは、
赤玉土と資料に記されていた鹿沼土と、
肥料がてんこ盛りでないタイプの培養土を購入。
適当にミックス。

水をいれて・・・。




d0136804_19412023.jpg





混ぜる。
ひたすら、
混ぜる。




d0136804_19421022.jpg




で、大きくなりすぎたこの苗を、



d0136804_08320089.jpg



植える。



d0136804_19444453.jpg





植える。




d0136804_19452860.jpg





育つ、、、かな?









by dokoshima | 2018-06-12 19:47 | 草木と、ベランダ。 | Comments(0)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール+お知らせ
ジーファーとクガニゼークの取材に歩く
つくりびと+つかいびと
* * * * * * *
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
* * * * * * *
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
9歳の日々。
8歳の日々
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
楽しく、空旅&風景&機内販売。
助手席の車窓から
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
夫のパスタ。

タグ

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

最新のコメント

くみ様:こんばんは。もう..
by dokoshima at 21:54
アドバイスありがとうござ..
by くみ at 14:40
くみ様*これ、台風のとき..
by dokoshima at 10:50
くみ様* ・・・宙を飛ん..
by dokoshima at 10:49

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル

沖縄諸島
旅行家・冒険家