カテゴリ:旅する * 県外( 150 )

京都2018。


インドア派なのですが、
家に居るのがわりとすきな性質なのですが、
理由が3つ重なると、
ぷいっと旅にでられる、
そんな気がしています。

今回は、
詳細は書きませんが、
3つ、
理由が重なりました。

なので、
出かけました。


d0136804_18551638.jpg



京都。

3つの理由に、
取材的まなざしは含まれていなかったのですが、
行けば、
自分の視点が、
自然と職人へと向かうものなのだなと。



d0136804_18571076.jpg




娘たっての希望で、
和菓子作りを。

ういろうの枇杷、
餡の紫陽花、
ほかには鮎と撫子。

季節が明瞭な京都ならではだなと。

お隣りに座られた方に、
「沖縄のお菓子は?」と問われ思うに、
沖縄のお菓子には、
焼く、揚げる、
という行程がはいるものが多いのかなと。

大好きな冬瓜漬は、
煮る、
ですけれども。


d0136804_19000849.jpg



二条城と、
予約なしで見学できるようになった京都御所は、
ガイドツアー(二条城は有料、御所は無料)に参加。

ガイドさんと歩くわけで、
(なかなかに)たっぷり歩きますし、
時間も要しますが(2時間なイメージで組むと安心)、
価値、
ありました。

歩きやすい靴、
帽子などの陽射し対策グッズ持参で、
あと余裕ある行程で、
ぜひ。

二条城では、
ガイドさんから、
職人さんの遊び心を、
教えていただきました。



d0136804_19023819.jpg




この小鳥、
千鳥だったかな、
は、
大きな大きなそれは立派な門の足元に、
たっぷりと入れられた装飾のなかに、
この一羽、
だけなのです。

最近、
建築当時と同じように復元すべく、
金箔を貼る作業をおこなっていた際に見つけられた鳥、
なのだそうです。

それから、
二条城のガイドツアーで、
とても印象的だったのが、
こちら。




d0136804_19045988.jpg




ガイドツアー参加者だけが、
特別に見学することができる門の、
落書き。
・・・落彫り?

この門は、
二条城の裏門的な門で、
ここから早朝、
慶喜公は二条城を脱出した、
といわれているのだそうで・・・。

装飾が施された、
威厳ある門とは異なり、
侘しい門で、
お堀を渡る橋も、
ありません。

この落彫りは、
その門の、
片方にだけ刻まれていました。

想像が膨らむ門。



d0136804_19051962.jpg




人に、親しみが湧く時間でした。



d0136804_19053413.jpg




落彫りをしている場面を想像すると。。。



d0136804_19055160.jpg




もみじが、
とてもとても美しかった。



d0136804_19105229.jpg




d0136804_19113572.jpg




「写るんです」って、
いまも売っているのですね。
娘に、
持たせました。
現像するのが楽しみです。
もちろん、
御朱印帳も持参。



d0136804_19121429.jpg




あじさいの花は、
触れるとひんやり。



d0136804_19130748.jpg




道中、
いろいろなことがあったのですが、
そのいろいろは省略。



d0136804_19134675.jpg




短い旅でしたが、
まるで、
異国を旅したかのような余韻に包まれています。


地震、
おさまりますように。






by dokoshima | 2018-06-20 19:46 | 旅する * 県外 | Comments(0)

太宰府天満宮の、トラ。


書き忘れていたことなのですが、、、。
過日詣でた太宰府天満宮で、


d0136804_21551989.jpg


この虎が、
とても気になりました。

ちょっと、気の毒。



d0136804_21574529.jpg



この虎にも、
ストーリーがあるのか、な?






by dokoshima | 2018-04-24 21:53 | 旅する * 県外 | Comments(0)

桜の次へ。




猛烈な桜吹雪を堪能したこの日。


d0136804_08191868.jpg



あざみ。
沖縄のあざみよりも、
宮崎のあざみは、
ぐっとやわらか。

沖縄のあざみは、
もっともっと、
猛々しいのです。




d0136804_08193863.jpg


蝋で造ったお花みたい。




d0136804_08200051.jpg



生まれ変われるのならば、
こういう木になってみたい。




d0136804_08202456.jpg



すみれって、
可憐なイメージをもっていたけれど、
この頃は、
わりとたくましいイメージに変わりつつある。




d0136804_08204476.jpg



木の下に寝転びながら、
娘と姪と父を眺めていたら、
とても美しくて、
いっぱい写真を撮った。




d0136804_08185403.jpg



桜吹雪とつつじの蕾。

そして、
甲虫の新緑もぐもぐタイム。



d0136804_08210397.jpg



季節のリレー。





by dokoshima | 2018-04-06 08:22 | 旅する * 県外 | Comments(0)

青いもみじ。




宮崎滞在中に、
桜がどんどん散り、
緑がいよいよ、
濃くなっているような気がします。





d0136804_22275681.jpg



なんとまあ。




d0136804_22300090.jpg



初夏の気配。





by dokoshima | 2018-04-03 22:25 | 旅する * 県外 | Comments(0)

宮崎空港の時計。


お!





d0136804_22285210.jpg



宮崎空港の、
あちらこちらの時計が、
これになっていました。

にっこり。

宮崎空港のボーディングブリッジは、
窓が広々で、爽快。





d0136804_22320554.jpg



旅人を楽しい気持ちにさせる工夫がいっぱい!

宮崎県民自慢の空港に違いない!









by dokoshima | 2018-04-02 22:27 | 旅する * 県外 | Comments(3)

西都原でお花見。


宮崎名物?

古墳群広がる台地でのお花見。

猛烈な桜吹雪に、
沖縄っ子、
大興奮。


d0136804_22200757.jpg


わん、わん!
わん、わん、わん!

どこか、
犬っぽい。


d0136804_22231600.jpg



春爛漫。



d0136804_22302892.jpg



春を満喫。



d0136804_22333591.jpg




by dokoshima | 2018-04-01 22:13 | 旅する * 県外 | Comments(2)

ルンピニ公園の、オオトカゲ。


娘がタイで一番楽しみにしていたのが、
ルンピニ公園のオオトカゲさんとの対面。

たしか、
ダーウィンがきた、でやっていたとか、
なんとかで。

そしてルンピニ公園は、
ジョギング、
太極拳、
将棋、
思い思いに過ごす美しい公園。


d0136804_12102339.jpg



ここに、
いるのです。

↓娘、撮影。



d0136804_12011597.jpg


↓ 夫撮影。←ついに合流。

d0136804_12113054.jpg


ここで、
スワンボートに乗れるのです。
乗ろっと、
いるあいだに。


d0136804_12122388.jpg



d0136804_12125973.jpg





by dokoshima | 2017-12-30 12:00 | 旅する * 県外 | Comments(0)

福岡市の、動物園。


福岡で時間ができたので、
いざ、動物園へ。


d0136804_17171065.jpg



広い敷地に、森の人。
オラウータン。



d0136804_17185601.jpg



ヒョウの子ども。
じゃれまくり。
飼育員の方が、
いろいろ教えてくださり、
充実の時間を過ごしました。




d0136804_17193239.jpg


雄のヒョウ。
ガラス越しに、
信頼している飼育員さんと遊ぶのです。
で、そこに割り込むと、
この怒り。




d0136804_17221593.jpg



そもそも、
この飼育員さんとの出会いはこちらでした。




d0136804_17231167.jpg



ゆったりとした飼育スペースで、
水もたっぷりですばらしい!




d0136804_17241683.jpg



お食事中。




d0136804_17244795.jpg



こちらの飼育員さん、
なんと、沖縄の「こどもの国」に4日間だったかな、滞在されたとのこと。
カバが好きだから、が、
訪問の動機だったそうです。
沖縄のカバたちの写真も、
壁に貼られていました。
で、沖縄から来ていることをお伝えしたら、
なんだかやっぱり盛り上がるわけで。
とても楽しかったです!
それにわたし、
カバ好きなので。
二十代の頃に、
ケニアで出会った野生のカバたちが忘れられません。
美しかった!

お次の写真は、
カワウソ。
児童書にもしばしばでてくる動物なので、
子どもたちも親しみがあるようで。



d0136804_17281613.jpg


こんな時間も。


d0136804_17311216.jpg


d0136804_17315187.jpg


虎、
でかかった。

すごくでかかった。

あれは、
怖いな、山であったら。
虎話しをふたつ続けて読んでたので、
なるほどなぁ、と。



d0136804_17330074.jpg


じつに楽しかった!

さ!

搭乗時間到来。

帰るぞ!



by dokoshima | 2017-10-14 17:15 | 旅する * 県外 | Comments(0)

宮崎県立博物館



宮崎神宮。


d0136804_21382306.jpg






お宮参りの方が歩いてらして・・・。




d0136804_21391273.jpg



で、
照葉樹の気持ちの良い森を抜けた向こうに、
宮崎県立博物館はありました。
以前に、
移築をした民家の屋外展示は観たのですが、
本館を訪ねたのは初めて。

なんと、
大人の私も、
無料でした。

びっくり。



d0136804_21403237.jpg



いまに続く鴨猟に関する展示。

民俗の展示、
とてもおもしろかった!

1階の自然史コーナーには、
宮古島で観察できることでも知られるサシバの渡りに関する展示もあり。
宮崎上空も飛ぶのだそう。
そうして南下していくと・・・。

娘が熱心に観ていた展示のひとつが、
炭焼き。
等身大の展示が、
迫ります。
横にある動画をあわせて観ると、
よくわかりました。

娘が興味を持ったのはおそらく、
やんばるの森のなかで、
かつて使われていた炭焼き小屋の跡を観たことがあったからかな、と。


d0136804_21461307.jpg


下の写真は、
たしか十五夜の行事に関する展示。
祭祀ののちに、
稲穂をいただくとありました。


d0136804_21441585.jpg



ほかにも縄文土器のレプリカを組み立てる体験ができる展示とか、
花びら型の竪穴式住居というのでしょうか、
そこでの暮らしぶりだったり、
見応え満点。

どうしてこれまで、
訪ねなかったのだろうかと。

おもしろかった!

今回は、
時間が足りずに駆け足でみた箇所も多かったので、
また次の機会に、
じっくり楽しまねばと。

楽しかった!



by dokoshima | 2017-10-13 21:52 | 旅する * 県外 | Comments(0)

帰るぞ!


d0136804_17323805.jpg


新幹線、
楽しかった。


d0136804_17331816.jpg



ここからもう、
沖縄な気持ちになれるのが、
JTAならではかなと。

せっかくの遅延につき、
搭乗口3番の少し手前にあるお店で、
ジェラートを堪能。



d0136804_17350733.jpg



あら。
もうちょい遅れるらしい。

珍道中だな。






by dokoshima | 2017-08-25 17:32 | 旅する * 県外 | Comments(0)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。
9歳の日々。

タグ

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

最新のコメント

くみ様:暑い日が続いてい..
by dokoshima at 08:47
くみ様:こんにちは。コッ..
by dokoshima at 08:43
地元の方も行かれるのです..
by くみ at 21:41
石垣でとんぼ玉を作ったこ..
by くみ at 21:34

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル

沖縄諸島
旅行家・冒険家