「離島の保健師」



「離島の保健師」
著・青木さぎり
発行・青土社


副題は、
狭さをつながりをケアする。



d0136804_15461644.jpg





講演会で隣りの席に座ってらした方が、
この本の著者というご縁。


初対面で、
このような著書があることも知らぬままに言葉を交わしたのですが、
涼やかで、
気持ちのいい方でした。


青ヶ島で7年間暮らされたとのこと。


そして、
津堅島も訪ねたことがおありとのことで、
ちょうど、
わたしも津堅島を訪ねたばかりだったこともあり、
いよいよ話しが盛り上がる、
というわけではないのですが、
なんというのでしょうか、
短時間だったのですが、
静かに、
実りある言葉が交わす豊かさを楽しみました。
視点が違って、
見えるものが違う、
それを共有する楽しさ、でしょうか。


なので、
わたしは、
医療関係者ではないのですが、
この本を読んでみようと思った次第。



d0136804_15522383.jpg




お目にかかったときの印象どおり、
文章も涼やか。


本の大きな流れは、以下。



「本書では、離島の中でも人口数百人から三〇〇〇人未満の小規模離島で働く市町村保健師のうち、
離島内に居住している新任期の保健師さん三名の語りを紹介しています。
三名とも、離島着任前に保健師経験はなく、
保健師として働くのは今いる島が初めてという方々でした。(P10)」



「本書に登場する保健師さんの語りは、筆者がそれぞれの島に一年間に三回訪問し、
インタビューを通してお話しいただいたものです。
第一章から第三章で保健師さんの語りをお一人ずつご紹介します。(P12)」




本全体が、
語りを軸としていて、
涼やかで、
読みやすい。


凄いなーと思いました。


で、
内容は?という声が聴こえてくるようなのですが、
わたしは医療関係者でないので、
その点からは書きませんが、
この本に刻まれた、
保健師さんたちの自己への問いと思索の繰り返しは、
けっして医療に限られたものではなく、
けっして離島に限られたものでもなく
(もちろん離島だからこその事例が濃密に記されているのですが)、
人と人が関わるときに生まれる、
関わりあいの難しさであったり、
感じられるストレスに共通する問いと思索でもあり、
たとえばサラリーマンであったり、
・・・そうですね、
職種を限らず、
社会人一年生や社会人二年生であったり、
いま懸命に新しい環境で働いている人々や、
思いを形にしようともがいている人が読むとき、
なにかヒントが見つかる、
心に響く、
そういう本だとも思ったのです。


・・・島に魅せられている二十代、
三十代の方々にも、
これから離島で暮らそうと思っている方々にも、
島での生活を始めた方にも、
響く日があるのではなかろうかと。


もちろん、
離島で働き始める保健師さんたちのバイブル、
にもなることでしょう。

保健師さんたちの手のなかにある、
付箋だらけになった、
使い込まれた本書が目に浮かぶよう。


さぎ里さんの、
彼らへの、
島の方々への、
愛が詰まった本でした。







by dokoshima | 2018-05-15 08:35 | ときたま大人本 | Comments(0)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。
9歳の日々。

タグ

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

最新のコメント

tanukidapont..
by dokoshima at 09:15
tanukidapont..
by dokoshima at 09:13
昨日乗ったANAの機内エ..
by tanukidaponta at 23:17
馬車ということで、肉を馬..
by tanukidaponta at 23:11

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル

沖縄諸島
旅行家・冒険家