かわいらしい貧乏神

2008年3月10日

今日の大阪は、曇り。
しっとりとした空気。
春の気配。

そして昨日、
洗剤やら飲物の買い出しに行く道中のこと。

d0136804_10542093.jpg


桜に遭遇。
早咲きの種類なのでしょうか?
それとも狂い咲き?
葉っぱも芽吹いていました。

ジンチョウゲの強い香りも漂って。

夜は、
楽しみにしていた落語会へ。
林家染二さんの、
襲名15周年記念公演「染二未来十八番」。
全6回。

昨晩はこの千秋楽。

私にとっては、
2回目の上方落語。

ここのところ夜になると、
つわりの吐き気に襲われるので、
夜の外出は恐怖だったのですが、
年末に頑張って入手したチケットだし、
どうしても聴きたかったので、
昼寝をしたりと体調を整えての外出に。

今宵のお話しは、
「稽古屋」
「貧乏神」
「浮かれの紙より」
の3つ。

どれも笑いがいっぱいで、
唄や踊りや音楽が散りばめられていて、
なんとも華やか。

たまらなくおかしかったのが、
「貧乏神」。
ものすごい怠け者にとりついた貧乏神が、
とりついた相手から吸い取るもの皆無ゆえ、
ほとほと困り果てて姿を現し、
あげく、
とりついた男に金を貸し、
さらにはかいがいしく・・・。

貧乏神が、
かわいらしくて、
痛々しくて、
おかしくって。

とにかく、
どのお話も、
ぐいぐいと引きつけられ、
すっかりつわりを忘れていました。

また、
毎回ゲストが来ていたそうなのですが、
今宵は千秋楽ということで、
師匠の林家染丸さんが登場。
NHKの朝の連続ドラマ「ちりとてちん」にも出ている方なので、
舞台に現れた姿を観て、
なにか不思議な感じがしました。

あのまんま。

なにより、
無駄がないというのか、
なんといえばいいのか、
お話しの吸引力にしてやられました。

あっというまに時間が経つ感じ。

落語の時間は、
とても楽しく、
豊かなものでした。

落語で胎教。
いいかも。

ただし、
帰路はなかなか辛い道のりとなりましたが。

ま、楽しかったからいいや。

染二さん、
楽しい時間をありがとうございました。

本日の食事

朝食
苺ヨーグルト
揚げパン
アップルパイパン
紅茶

間食に、小さなスナック菓子

昼食
かつ丼
近所で食べたけど、おいしくなかった。がっかり680円。

夕食
イチゴ3つ
# by dokoshima | 2008-03-10 10:30 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(8)

ベランダ日記

2008年3月9日 

今朝は、布団を干して、
ベランダの植木たちの手入れ。

黄色いビオラに、
この頃あぶら虫がついてとっても悲しかったのだけれど、
一度、激しくカットをして、
鍛え直したら、
株の元気が復活して、
気がつけば
あぶら虫たちはどこかへ消え去った。

無農薬で野菜を育てるとき、
もちろん多少は虫がつくけれど、
株そのものが健康であれば、
虫だらけになることはない、と教わったことがある。

同じこと、かな。

去年、アカダニにやられたシマトネリコも、
この冬の寒風にやられ、
一度は枯れたようにみえたけれど、
最近の春の陽ざしに誘われて、
かわいい新芽があちらこちらに。

育てている植物たちが元気だと、
とっても気分がいい。

ありがとう。

~本日の食事~

朝食
中村屋の肉まん
・・・紅茶牛乳

昼食
カレー味のチャーハンにしようかな。
↓ 結果報告
カレー味のチャーハン(夫はプラス、冷凍してあったカポナータ)

夕食
たぶん、外食。
↓ 結果報告
阪神百貨店地下のフードコート(立ち食いコーナー。大人気)で、
夫は醤油ラーメン。
私は、
たこ焼き(青のり抜き)5個入りを買って、
3つ食べて、
2個は食べてもらった。
おやつに、
大判焼きの白あん1個。
夫は赤あん。
# by dokoshima | 2008-03-09 09:05 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(1)

らくだ

2008年3月8日のことを、9日に書いた。

d0136804_943913.jpg


3月8日の食事


紅茶牛乳


チーズハンバーグランチを、
チーズ抜きでオーダー。
たっぷりかかったトマトソースがおいしかったな。



冷たい牛乳にイチゴを入れて、
ぶにゅぶにゅつぶして食べた。
うまし。

夫は、隔離した部屋で焼き魚と刺身を、ひとりで食べていた。
あと、冷凍してあった大分は吉野の名物、鶏飯を。
いまは魚を、見るのも食べるのもイヤ。
テレビの画面のなかを泳ぐ魚も憎たらしい。
魚は、観るのも、釣るのも、食べるのも好きだったのに、な。

写真は、公園のラクダ。

 なんだか、かわいい。
# by dokoshima | 2008-03-09 09:00 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(1)

どちらに似るか

2008年3月6日 

 今朝、ぼーっとしながら、子どもが無事に生まれたとして、夫に似たら大変だろうな、とか考えた。夫は、私が想像するに子供のころは、かなりのワルだったはず。それを裏付けるかのように、過日妹さんに、子どものころお兄ちゃんにいじめられたのでは、と訊いたら、どうしてわかるの、と驚いていた。なんでも、ネコのしっぽをふんづかまえてたりと、かなりのワンパクだったそう。そうゆうわけで、夫に似た男の子が生まれたら、絶望的だな、と。

 そうしたら午後一番に、子供の頃に仲良くしてもらっていた友人から、結婚のお祝いが届いた。
 
 彼女は医師で、結婚していて、ふたりの男の子のお母さん。で、もらった手紙にはこんな一文があった。

〈 最近 子供が悪ガキになってきたので よく 私達の幼い頃の悪事を思いだすようになりました (だから怒ってはダメ!と自分を制するんよ・・・)〉

 彼女はとても賢い子で、目の奥が、いたずらっぽくキラリと輝く少女だった。それに、どこか優しかった。そして公文とバレエに一緒に通っていたり、家が近かったから一緒に通学したり、中学生のときはふたりとも新体操部に入部したりしたこともあり、ずいぶんと一緒に動きまわっていたなと。そしてたぶん、まちがいなく、かなりのいたずらをしたな、とも。

 もしもありがたいことに元気な赤ちゃんが生まれたとして、それでどちらに似たとしても、相当ないたずらっこになることは間違いないな、と。覚悟だけは早めにしておこう、と思った。

 
朝食
ホットケーキ
イチゴ

昼食
子供の頃に作ってもらっていたお弁当に入っていた、だんだんご飯、が食べたくなって、作って、食べた。
イチゴ(朝と昼で1パック・・・やめられないとまらない)

夕食
未定
# by dokoshima | 2008-03-06 14:46 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(6)

妊婦と飛行機

2008年3月5日のことを、6日の朝書いた

 昨日は、分娩の予約をした病院に、紹介状を握りしめて、診察に行って来た。

 受付の方も、診療の手続きをする方も、婦人科の看護師も先生も、採血係の方も、支払窓口の方も、皆、てきぱきと感じよく働いている印象を受け、安心した。

 診察をしてくれた婦人科の先生に、子宮がん検査はどこでいつ受けたか、とか、説明すると、結果的にこの病院にたどりつくまでの経緯の説明になり、ここに至るまでに3つの病院に行ったと言うと、「長い道のりでしたね」と笑われた。まったくもって、そのとおり。「ようやく辿りつきました」と、答えておいた。

 エコーで赤ちゃんをチェック。バタバタとよく動きまわっていた。元気ですね、背骨がこれで、ここが心臓ですね、と先生。少し元気が良すぎるように思え、すごいいたずらっ子になったらどうしようかと不安になった。

d0136804_1191113.jpg


 内診のあと、先生からいくつかの説明を受けた。
 
 まず予定日は、これまでの日で変わらずということ。
 それから血液検査を行いたい、とのこと。検査項目は、梅毒、肝炎ウイルス(B型、C型)、エイズウイルス。これらの検査を行うにあたって、検査結果の告知方法についてを選択したうえで、感染症検査同意書、にサインをした。告知方法の選択肢は4つあり、私は〈陽性、陰性にかかわらず、本人に知らせて欲しい〉に印をつけた。

 先生に、飛行機に乗っても大丈夫か?、と訊くと、飛行機に乗ることがプラスに働くことはないです、との回答。続けて、やはり気圧がかかりますからお腹がはることもありますし、妊婦はエコノミー症候群になる可能性が通常よりも少しあがります。ただ、飛行機に乗ることによるマイナスがどのくらいかといわれると、微々たるものではあるのですが。いずれにせよ、あとは個人の責任です。それからもちろん飛行機に乗る前に、腹痛やおなかの張りなどの症状がでたときには即入院ということも考えられます。妊婦は、長期の計画はたてられないと思っていてください、と。

 納得。

 ほかに質問があるか、とのことだったので、このごろ、ときどきお腹がピキッと痛いことがある、それから胸のなかがズキって痛いことあるけれど、これは妊婦にはあたまりまえの症状か、と訊くと、そうだ、とのこと。お腹の一瞬のズキっという痛みは子宮が大きくなることによるもの。胸の一瞬の痛みは、乳腺が発達することによるもの、と。

 ほかに質問は、と先生。満足です、と私。

 次回の検診は、一ヶ月後。次からは婦人科ではなく、産科での検診となるそう。パソコンの画面を見ながら先生と一緒に日時を選び、予約完了。

 看護師から、次回は母子手帳を持ってくることと、次は朝一番の尿を提出してもらうとのことで関連グッズを渡された。それから採血コーナーへ。私は血をみると貧血を起こすので、採ってもらっているあいだは、黙想。

 医師にせよ、看護師にせよ、毎日毎日血やらなにやらみている彼らは、私には宇宙人のように思える。

 帰り道、すっごい大きなキンカンの木に遭遇。実がいっぱい。 

d0136804_1184532.jpg


(本日の診察費:10830円)

本日の食事

朝食
パン
イチゴ添えヨーグルト
ヤクルト

昼食
近所の喫茶店で、ドライカレーランチ750円

夕食
スナック菓子
ピノ1つ

・・・今宵も気持ち悪し。
# by dokoshima | 2008-03-06 11:14 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(0)

しんどい

2008年3月4日

  疲れてしまったので、終日おうちで過ごす。そして、けっこう体がしんどい一日となった。まだ、つわりが終わっていなかったことがショック。
 
朝食
わすれた

昼食
わすれた

夕食
わすれた

・・・書いたのは、3月6日。
# by dokoshima | 2008-03-06 10:40 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(2)

母子手帳。そして各種特典

2008年3月3日のことを、4日に書いた

d0136804_10175743.jpg


 分娩を行う病院に診察を受けに行く前にと思い、昨日は、区役所に母子手帳をとりに行った。

 私は、予定日には35才になる。それから国民健康保険に入っている。
 
 そして私が暮らす大阪市では手続きを行えば、分娩費(正式名は、出産育児一時金)として35万円をもらえることは知っていたが、申請して母子手帳を受け取ると、ほかにも財布が喜ぶ特典がついてくることを、昨日知った。。まず母子手帳の後ろにくっついている受診表を使うと、簡単に書くと2回、妊婦一般健康診査を無料で受けられる。

◆一回目の内容
診察・血圧・尿・貧血・HBs抗原検査(B型肝炎ウイルス)・必要に応じて血液型及び梅毒検査

◆後期の内容
診察・血圧・尿・貧血検査

 それから、母子手帳にはさらに書類がついていて、生まれたあかつきに使う、1~2か月で受ける乳児一般健康診査の受診表もついている。この診査も無料になる。それから母子手帳にはついていないけれども、9~11か月にも、一度無料で健康診査を受けられるそう。

 以上が、母子手帳にくっついる書類を使うことによる、財布に優しい特典。

 さらに私は出産予定日までに35歳になるので、エコー(超音波検査)が一回、無料になるとのこと。そのための受診表も、もらった。

 なお母子手帳は、自治体ごとにデザインも大きさも異なるのだそう。ただし内容は、手帳の前半51ページまでは全国共通。それ以降は地域の役立ちそうな情報が記載されているのだそう。ちなみに大阪市の母子手帳は、80ページまで。

◆この日もらった資料
*母子健康手帳
*母子健康手帳の副読本
*妊婦超音波検査受診表(出産予定日が35歳以上となる妊婦が対象)
*予防接種手帳(ジフテリア・百日せき・破傷風/麻しん・風しん/日本脳炎/急性灰白髄炎(ポリオ)/BCG)(各予防接種は、定められたタイミングで接種するなら無料。手帳には接種を希望する際に記入する問診表がついている)
*ドキドキ子育て 家庭教育手帳 乳幼児編ー大阪府版―
*わくわく赤ちゃんとの出会い(*母親教室には必ずご持参ください、と書いてある)
*妊娠期・授乳期ママの栄養miniガイド あなたの食事はだいじょうぶ?
*健康相談日程表
*妊婦教室のご案内
*次世代育成 子育て応援セミナー ―新米パパ、ママ&おじいちゃん、おばあちゃんの育児講座―
*3人目以降の出産・子育て

 ・・・いっぱい。教訓、母子手帳を受け取りに行くときには、大きな封筒が入るバッグで行きましょう。その方が、楽だったはず。

 なお、区役所に行ったあと、マナニティー下着を買いに梅田の「大丸」へ。結果、疲れて梅田にいるうちから気持ち悪くなり、よたよたと帰宅。辛い夜となった。用事は、少しずつこなすべし。これ、本日の教訓。

d0136804_10185424.jpg
 

◆大阪市公式HPより一部抜粋

出産・葬祭に関する給付
○ 出産育児一時金
  支給対象 : 被保険者が出産したとき(妊娠85日以上の死産・流産を含む)

支給金額 : 35万円(※1)
ただし、第2子以降(※2)の出産の場合 40万円

手続き時に必要なもの : 保険証、印鑑、母子健康手帳、世帯主の銀行通帳
(又は振込先口座のわかる書類)など

※1 平成18年9月30日以前の出産についての支給金額は30万円です。

※2 平成19年4月1日以降の出産から、増額支給の対象が「第3子以降」から「第2子以降」に改正されました。

注) 出産前に、出産費用を貸し付ける制度もあります。
詳しくは出産費資金貸付制度についてをご覧ください。


本日の食事

朝食
薄切りじゃがいものソテー
ソーセージ1本
冷たいココア

昼食
近所の中華屋で酢豚とたまご丼。酢豚の酸味がたまらなかった。880円

夕食
イチゴ半パック
ロールケーキ一口
ヤクルト300V
# by dokoshima | 2008-03-04 19:08 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(0)

妊婦検診と分娩を同じ病院でしたいと思うこと

2008年2月28日
 モニターのなかで、赤ちゃんピコピコと動いていた。「お母さんは気がつかないけど、もうこんなに動いているんですよ。お母さんが胎動を感じるようになるのは20週からですね」と、先生。

 昨日は、前回診察を受けた病院でもらった紹介状を手に、個人病院に行って来た。これで、3つ目の病院。
 前回受信した病院で紹介状をもらうとき、土地勘のない私は、こちらの病院は破水してからタクシーに乗ったとしてお産に間に合う距離にありますか、と訊ねた。これに対する答えは、ここは分娩はやっていません、いまは分娩までやっている病院は少ないですからね、だった。そして、紹介先の病院の先生はとてもいい先生ですよ、と。それで安心して、うれしい気持ちで帰った。

 でも、少し落ち着いて考えたら、やはり妊婦検診と分娩と同じ病院で行いたいと思えてきた。お世話になる医師にはお産までの経緯を知っていてもらいたいし、先生や看護師との信頼関係もできれば築きたいし、入院する病院の施設や雰囲気には慣れておきたい、と思えたから。それで、いっそのことインターネットで調べた個人病院に行ってみようかとか、くよくよと悩んだすえ、とにかくまずは紹介状をもらった病院へ行き先生に、妊婦検診と分娩を同じ病院でと思うだけれど先生はどう思うかを聞いてみよう、という結論に着地。

 昨日は、このような目的での検診だった。

 自分の考えを伝えるまでもなく、里帰り出産をしないことを確認すると、先生は分娩先として、私の家の場所を考慮したうえで、総合病院と個人病院のふたつを紹介してくださった。私がぐねぐねとしてはっきりしないでいると、「あたたかい雰囲気のなかで生みたいということでしたら個人病院になりますが、なにもなかったときは問題はないのですが、なにかあったときに医師の数が多い方が素早く対応ができますから総合病院の方がいいと思いますよ。お産は、怖いものですから。」と。それで、総合病院を選んだ。では、この病院がこの(分娩)予定日で受けてくれるか確認をしますね、と。同じ予定日の人が多すぎれば、受けいれてもらえないこともあるのだとのことだった。

 それにしても妊娠がわかってから産む病院を決めるまでに、ずいぶんと時間がかかった。産院なんてあちらこちらにあるものと思っていたから、暮らしているマンションの周辺に分娩まで扱う産院がすくないことには、本当に驚いた。最寄駅の近くには3つの産婦人科があるが、いずれも分娩はしていなかった。それで範囲を広げて産院を探したのだけれども、なかなか、分娩を行っている産婦人科はなかった。

 もちろん少しはあったけれど、院長のプロフィールをみると、院長が四十代前半だったりする。これに、外から来る先生がひとりふたりいる体制。そしてこれらの先生たちも若かった。素人考えだとは思うけれど、やはり経験とは、とても価値のあるものだと思う。だから先生の若さに、正直不安を感た。もっと正直に書くと、こうゆう個人病院はたいがい最近リニューアルしたりと施設が新しくて、光がいっぱいで明るい感じで、全室個室で、お食事にはフランス料理のお祝い膳がでたりと、とても気分よく滞在できそうな雰囲気だった。こうゆう病院に入院して産後を穏やかに過ごせたらいいな、と思ったけれど、でも、先生の若さがひっかかった。

 分娩の途中で、なにかが起きたとする。その日のお産は私のほかにも誰かいたとしよう。そして私が、個人病院では対応できない事態になったとする。連携している総合病院に搬送するとして・・・。きっと時間がかかると思う。そうすると、あまり結果に明るいものは待っていないような気がする。素人考えだけれども。

 いまは分娩までやっている病院は少ない、ことを知り、なんとなくひかかったので妹に電話をすると、産科医の平均年齢は70代超え、と教えられた。分娩中になにかが起きたことで患者に訴えられることが避けるため、分娩を行わない病院が増えている、とも教えてくれた。このことに対して、医師に対して意気地なし、とかいう気にはなれない。むしろ賢明な選択だと思う。

 おりしも関西地元放送局が深夜に、お産にまつわる特集番組をやっていたので録画して、観た。訴えらることがしばしばあるという現実を知り産科医を目指す医学生が減り、結果、産科医が激減していることに対して、国が講じた対応策案などが紹介されていた。印象的だったのは、参加していたコメンテーターが、ヨーロッパでは妊婦検診と分娩をことなる病院でおこなうのが普通、と言っていたこと。そしてこのコメンテーターは、ここにこそ日本の可能性があるのではないか、と。

 ようするに妊婦検診は個人病院をはじめとすつ地域の小さな病院で受け、分娩は総合病院で行うようにすれば、いざというときにさまざまな科の医師がいるから対応できる、という話し。そしてその例として紹介された日本のある病院では、助産施設も併設して、問題なくすすんできるお産は助産師に任せ、リスクのある分娩を産科医が担当するという分担がおこなわれていることを紹介していた。なるほど、とは思う。

 でも、どうなのだろう。妊婦検診と分娩をひとつの病院でと願う妊婦は、多いのではないだろうか。

 それとも、すべての哺乳類が行う出産なのに、私は大騒ぎしすぎで、それは心が自立できていない結果なのだろうか。甘えかな。でも、ずっとずっと昔から多くの女性が行ってきたお産ではあるけれど、いま私はとっても不安だということも、本当のこと。

 もうひとつ。今回はわりと近くに総合病院があったからよかったけれど、もしもお産をする病院を集約するとして、家からどうにも距離があるという不安を抱える妊婦もでてくるのではないか。考え過ぎ、かな。

 もしも私が波照間島に住んでいるとしたら、同じような条件の小さな島で暮らしているとすれば、里帰り出産をすることになる。里帰り出産は、つまり妊婦検診と、分娩をおこなう病院が異なる、というパターン。選択肢はない。

 いまの時代。豪華な産院で分娩を行う人もいる。リスクを抱えてのお産のため大学病院での出産を余儀なくされる人もいる。自宅出産を選ぶ人もいる。助産院で産む人もいる。石垣島の海で産んだ人もいる、と聞く。お産の形は、人それぞれ。

 今日まで随分と迷い、考えてきたけれど、いずれにせよ産院は決まった。ひとつ、悩みが解決した。

 つわりのあるなか、ぐじぐじと考えるのは、なかなかしんどかった。考え過ぎたのかな、とも思う。

 人間だけが、こんなにも大騒ぎして赤ちゃんを産むのだし。

d0136804_10335944.jpg


(本日の診療費:3870円)

~本日の食事~

朝食
レーズンパン
じゃがいもスープ
イチゴ
(夫は、細切りキャベツ炒めとソーセージ)

昼食
肉まん
あんまん

間食
わすれた

夕食
わすれた
# by dokoshima | 2008-02-28 12:27 | 妊婦な時間(~08年9月22日) | Comments(1)

大阪天満宮の、梅

2008年2月27日

 用事を済ませた後に、「大盆梅展」の看板につられて大阪天満宮へ行って来た。500円払って、靴を脱ぎ、梅花殿 (1025年大祭(昭和3年)の記念建造物。平安朝寝殿造りの賓殿で用材は、伊勢の神宮のご用材を下賜されたものです。〈大阪天満宮公式HPより抜粋〉) へ入ると、ふわりと梅の花の香りが押し寄せてきて、驚いた。みっちりと寄せ集まって咲く小さな梅の花は、まだ寒い空気のなかでぎゅぎゅっと寄せ集まって、おしくらまんじゅうをしてるみたい。おじいさん、おばあさんが、熱心に鑑賞していたのも印象的。

d0136804_1612689.jpg


 こちらは本殿。1843年に建てられたもの。きちっとお参りする人々。パンっと手を合わせる音が心地よい。そしてこのあとには「歩け歩け協会」の人々が、どしどしとやってきて、皆、手際よく参拝。

 帰りに「繁昌亭」の前にある喫茶店に入り、ランチ。ドライカレー570円を注文。本日の「繁昌亭」の昼の部は桂三枝がでるから大きな花がいっぱい運ばれてたね、とマスターと店のおばさんが何度も話していた。そうしたら入ってきてカレーを注文したおじちゃんとおばちゃんが残念そうに、もう立ち見しかなかった、と。するとマスターが、今日は11時発売開始なのに10時から行列してたからね、寒空の下、と。桂三枝は功労者だからな、と言い納得するおじちゃん。

 ちなみにこちらの喫茶店の看板メニューは、繁昌亭カレー(辛口)。

 来週末は、ここに落語を聴きに行くことになっている。るんっ♪
# by dokoshima | 2008-02-27 16:12 | 旅する * 県外 | Comments(7)

2008年2月27日

2008年2月27日

朝食
中村屋の肉まんとあんまん
桃の水煮添えヨーグルト

昼食
ドライカレー

17時の間食
フランスパンにはさまったサンドイッチ2つ♪
# by dokoshima | 2008-02-27 14:27 | Comments(0)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

*こちらも、ぜひ。

今日の美ら島 沖縄本島編
毎日更新中♪

美ら島物語

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。

最新のコメント

tanukidapont..
by dokoshima at 20:20
くみ様:こんばんは。ただ..
by dokoshima at 20:17
連休でどこかお出かけなの..
by くみ at 21:13
懐かしいポン~~! ..
by tanukidaponta at 10:52
くみ様 * こんにちは&..
by dokoshima at 23:51
お誕生日おめでとうござい..
by くみ at 20:41
カギコメさま:しかも、卵..
by dokoshima at 08:47
鍵コメさま : おはよう..
by dokoshima at 08:20
鍵コメ様:こんにちは。那..
by dokoshima at 20:29
ドロアワモチといい生物た..
by くみ at 21:21

ブログパーツ

画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル