ぞう。 * バンコク旅



大人といたしましては、
それほど興味がなかった象乗り体験。

水上マーケットのツアーが、
象乗り体験とセットだったのです。

で、
子どもたちはわっくわく。




d0136804_21574786.jpg




・・・!





d0136804_21584099.jpg





・・・。
楽しい。

しかも、
風景が、
なんだろう、
美しい。






d0136804_21594232.jpg




・・・。
アラビアンナイトの世界って、
少しばかり、
こんな感じなのかしら、と。




d0136804_22000266.jpg




いつか、
アラビアンナイトの世界も旅したいなと。

砂漠も、
旅してみたいなと。



d0136804_22002348.jpg




そんなことを思った、
象との時間でした。



~ メモ ~
ポケットに、
あらかじめチップを用意しておくと、
便利です。
なにしろ、
結構揺れるので。


d0136804_14135865.jpg

乗る前に購入した、
象さん用のバナナは、
籠ごと象使いのおじさんに奪われ(笑)、
おじさんが、
象にあげていました。
ま、
象へのお礼、
ということで。

象さん、
貴重な体験を、
ありがとう。







# by dokoshima | 2018-01-07 14:16 | 旅する * 海外 | Comments(2)

ダムヌアン・サドゥアック水上マーケット * バンコク旅



d0136804_11114278.jpg



バンコク旅の鉄板オプショナルツアーといえば、
水上マーケット。

各社がさまざまなツアーをだしているので、
迷います。

いえ、
本当は、
時間がたっぷりあるのならば、
もしくは、
水上マーケットに照準を絞るのならば個人でももちろん行けるのですが、
2世帯合同の、
子連れ正月旅につき、
ここはツアーに頼りました。

選んだのは、
またまたバンコクナビの、
こちらのツアー。

象乗りも楽しめるプラン。



http://www.bangkoknavi.com/tour/251/


先に書いちゃいますが、
水上マーケットも、
わりとのんびり感がありましたし、
寄り道したココナッツファームも興味深かったし、
ランチの内容もとてもよかったうえ、
川沿いで食堂で、
食後には川沿いで少しまったりできてとても気持ちよかったし、
象さんにも、
ゆとりある雰囲気のなかで乗れて、
ハナマルな内容でした。
もうひとつ書くと、
泊まったホテルのロビーが集合場所だったのも、
じつに楽だったなと。


さて。
では、
楽しかった思い出を。





d0136804_11030281.jpg




高床式の民家。
玄関。
マイボート。

ここ、
ダムヌアン・サドゥアック水上マーケットは、
メークロンの線路市場にかなり近い場所。
海近くの湿地帯といった感じ。

なので、
運河というのでしょうか、
水路がはりめぐらされていて、
東洋のベネツア、
などとも称されているとのこと。
この呼び名、
おおげさではない、
と思いました。


d0136804_11022358.jpg





まずはスピードボートに乗り、
よくガイドブックで紹介されている水上マーケットエリアへ向います。
なんでも、
ここへのアクセスは大変渋滞があるのだそう。

だから、
こちらのツアーでは、
運河をスピードボートで移動しちゃうのですが、
これが、
人々の暮らしぶりを垣間見ることができ、
とてもよかったのです!






d0136804_11032917.jpg




エンジン音はなかなか豪快で、
飛ばせる場所では、
かなり舟、
飛ばします!


次にもしもタイへ行く機会があったら、
この地域にのんびりとステイしたいと思いました。



d0136804_11034789.jpg



気持ちがいい!



d0136804_11041096.jpg



交差点は、
ほぼエンジンをとめて、
ゆっくりと。



d0136804_11043896.jpg




運河の両脇には、
ヤシ林。

よく手入れされています。



d0136804_11051833.jpg




日常。



d0136804_11054944.jpg




で、
20分くらい経ったかな。

ガイドブックにも、
大きくとりあげられる水上マーケットエリアに到着。




d0136804_11062199.jpg




がやがや、
がやがや。



d0136804_11064130.jpg





d0136804_11071551.jpg




スワンナプーム空港でも思いましたが、
タイは、
世界の観光地だなと。



d0136804_11072965.jpg




そしてタイは、
本当に、
じつにたくさん、
いろいろな場所に、
国旗が掲げられているなとも。




d0136804_11074662.jpg




エンジン付き水上ボート下船後は、
50分間の自由時間をフルに活用すべく、
大人は分散して、
オーダー開始(笑)!



d0136804_11081267.jpg




きゃー、
おいしそう!!!




d0136804_11083201.jpg




手が届く範囲にすべての食材と道具が置かれていて、
おばちゃんは、
ここに座ったまま、
こだわりとの料理を仕上げるのです。



d0136804_14052689.jpg


じゃーーーっ!



d0136804_11084987.jpg




あ。
笑った♪


d0136804_11090530.jpg




米粉の麺を投入して、
調味料を投入。




d0136804_11092113.jpg




いつまでも、
見ていられる!



d0136804_11094651.jpg




フライパンを洗った水は、
ざーーーっと運河へ。



d0136804_11100879.jpg




あ?
また注文するの?
よく食べるねー(笑)
的な会話。




d0136804_11103179.jpg





デザートも注文しなくっちゃ。





d0136804_11105953.jpg




これ(↓)、
物凄く美味しかったです。
おかわりもしちゃいました。




d0136804_11112991.jpg



お皿は、
バナナの葉っぱ。
いま、
那覇で一生懸命バナナを育てている夫は、
こんな風にバナナの葉を使えるくらい、
育つといいなーーーーと。


護岸に、
二艘並列で停めているので、
怪物君でなければ手は、
届きません。

だから、
こちらの道具が登場。




d0136804_11120518.jpg




ああ。
これも(↓)とてもおいしかった。

揚げバナナ。
かなり、
長い時間じっくりと揚げていました。

生のバナナも食べたのですが、
黄色が強くて、
甘くて酸っぱくてもっちりむっちりしていて、
これもおいしかった。




d0136804_11125804.jpg




帽子の形が、
また独特。



d0136804_11131318.jpg




THE 南国。
やっぱり、
沖縄よりも、
南だなーと果物をみていても思います。




d0136804_11135098.jpg




このあと、
ランチにも行き、
さらに象さんにも乗ります。


大人も子どもも、
いっぱい笑った時間でした。







# by dokoshima | 2018-01-06 11:09 | 旅する * 海外 | Comments(0)

ワット アルン * バンコク旅



d0136804_10482555.jpg





ワット、は、お寺、
の意。



d0136804_10485012.jpg




・・・。




d0136804_10491302.jpg




圧倒。



d0136804_10495800.jpg




高さ75m、とのこと。

朝一番に訪ねたワット アルン。
チャオプラヤ川の向こう岸にあるお寺です。

風がたえまなく流れる、
そんな朝だったのですが、
その風に、
仏塔に無数に付けられている鈴が鳴るのです。




d0136804_10510902.jpg




忘れられない、
音風景となりました。

もう一度、
いつか、
訪ねてみたい場所。



d0136804_09460778.jpg





前夜にショーで観た、
伝統舞踊ともリンクして、
子どもたちも興味深く観ていました。

タイを訪れた早いタイミングで、
伝統舞踊を観ること、
これは旅を深めるためにも、
とてもいいことだったなとも。




d0136804_10513337.jpg




3つの頭を持つ象の姿もあります。



d0136804_10515105.jpg




・・・。

それにしても、
なにかこう、
チャンプルーな印象。

ハノイ、ホーチミン、
シェムリアップ、
バンコク、
インド、
バリ島と、
これまで旅した思い出をふり返りつつ、
いろいろ思うのも、
また楽しい。

うーーーん、
混乱しているので、
なにか、
本、
読もう。




# by dokoshima | 2018-01-05 10:22 | 旅する * 海外 | Comments(1)

ざくろジュース * バンコク旅



「ワットアルン」から船に乗り、
向こう岸の「ワットポー」に行くべしと、
チャオプラヤ川を横断すると、
そこに、
ジュース屋さん。

ここの、
ざくろジュース、
物凄く美味しかった!

氷、水、砂糖は、入れていないとのこと。

100%ざくろ、
とのこと。



d0136804_11051542.jpg




写真右の、
白いTシャツの奥さんは、
こちらのお店のざくろジュースが大好きのようで、
5本くらいまとめ買い。

その勢いに追随して大正解。

こちらお店のざくろジュースに出会えたのは、
あなたのおかげ。

感謝。







# by dokoshima | 2018-01-04 21:59 | 旅する * 海外 | Comments(1)

チャオプラヤ川を移動する。 * バンコク旅



異国を旅するとき、
心ひかれるのは、
海峡とか河川とか運河とか湖とか。

バンコク旅では、
チャオプラヤ川の河口をうろうろ。




d0136804_10433739.jpg



貨物船も行き交うのだけれども、
こうして、
びゅんびゅんとツーリストや地元の方を乗せた小船が往来。

川沿いには、
あまたの停留所があり、
便利なのです。

岸から水辺までが乖離した、
水に手が届かぬ川ではなく、
血管のような活きている川。




d0136804_10425927.jpg



舳先の花飾りは、
祈り?、かな。。。




d0136804_10444962.jpg



この水の色。

もうあと少しで、
エビの養殖場などもある、
海へでるはず。




d0136804_10440758.jpg



じゃぶじゃぶ、
ごぶごぶ、
たっぷりなチャオプラヤ川。





d0136804_10442762.jpg


対岸へ行くのでなければ、
渋滞がないのなら、
タクシー移動の方が早くて楽なこともあるのかもしれないけれど、
やっぱり川を移動したいなと。





# by dokoshima | 2018-01-04 21:47 | 旅する * 海外 | Comments(2)

タイから沖縄へ。 * バンコク旅 



バンコクの駅に掲げられた、
航空会社のジェットスターの、
広告看板。

シンガポール、
オーストラリアに並び、
沖縄は首里城の写真が!




d0136804_11065040.jpg




タイの方が、
こうして沖縄の写真を観て、
旅心をくすぐられているのだとしたら、
それは、
沖縄県民として、
まことうれしいこと。

ぜひ、
タイから沖縄へ、
いらしていただきタイです。








# by dokoshima | 2018-01-04 16:56 | 旅する * 海外 | Comments(2)

子どもたちがお世話になった、タイ版ヤクルト * バンコク旅



これ、
子どもたちに大ウケ。



d0136804_11005141.jpg




ヤクルトを飲みなれている子どもには、
親しみのもてる味で、
異国の地タイにて、
ほっとできる味。

ホテルの近くの、
セブンイレブンで買いました。

ちなみにホテルの近くのセブンイレブンで、
三時のおやつタイムに、
お酒を買おうとした夫、
「17時までは買えません」と断れていました。

うん、いい国だ。




# by dokoshima | 2018-01-04 11:03 | 旅する * 海外 | Comments(2)

メークロンの線路市場 * バンコク旅


娘と姪っ子を連れての、
バンコク前イリ。

この期間に、
子どもたちの体調を整え、
異国に慣らし、
当然ながら私も満喫しようという作戦での、
前イリでした。


周囲の皆さまの感想はヒヤリングしていませんが、
わたし的には、
前イリしてよかったなと思っています。

で、
安全第一がモットーにつき、
前イリ期間は、
バンコクナビのオプショナルツアーに参加。

異国の地到着後の、
早めのガイド付きツアーへの参加は、
情報収集にも役立つなと思いました。

参加したのは、
「バンコクナビ」の、メークロンの線路市場ツアー。

日本語ガイドさんの日本語が堪能で、
一生懸命ご案内してくださっていて、
とてもよかったです。

では、
そのときの写真たちをご紹介!



d0136804_19445047.jpg




文字通り、
線路のうえにある市場です。

那覇には、
現役の線路はないので、
それだけでもう、
ウチナーンチュ的にはテンションあがります。
線路だい!



d0136804_19450956.jpg




いろんな匂いが混じり、
わくわく。

匂いの旅。



d0136804_19455023.jpg




娘の前を歩く姪っ子ちゃんは、
かなり緊張中。
おばちゃん、
いったい私をどこに連れて行くの?、的な。




d0136804_19462159.jpg




トムヤムクンに、
しばしば入っているような気がする、
小さなナス。
・・・住んでたら、
買うんだけどな。


d0136804_19464314.jpg




海が近い場所なので、
海鮮が豊富。
・・・住んでたら、
買うんだけどなぁ。





d0136804_19512104.jpg


お。
焼き鯖的な?



d0136804_19471168.jpg




思うに、
時に南国は、
凄く細かい作業をする場面があると。



d0136804_19474887.jpg




二枚貝もいろいろ。



d0136804_19480823.jpg



↓ なぞ。



d0136804_19482756.jpg




ハーブがブームの娘が興味を示した、
エディブルフラワー。



d0136804_19515518.jpg




きれいなエビだなーと。
パクチーや唐辛子やニンニクと炒めるのかな。
生でも?



d0136804_19485135.jpg




ナマズさんを、
バスッ、バスッ、バスッと叩き切るお母さん。



d0136804_19504619.jpg




ハノイの山奥でもそうだったけれど、
サトウキビは紫の品種。



d0136804_19491102.jpg




お祈りに捧げるお花。
たっぷりのマリーゴールドと、
ジャスミンの蕾。
しっとりとひんやりとする触り心地から気持ちいい。



d0136804_19492886.jpg




こちらの二枚貝は、
殻が薄そう。
50バーツだから、
1袋で170円くらいかな。




d0136804_19495960.jpg




同じ値段で、
こちらも買えます。



d0136804_19522213.jpg



サパのより、
色が濃い気がする。
違う種類?


ランチは、
タイラーメン。
米粉の麺と、豚肉。



d0136804_19524510.jpg




電車は、
1日4本。

世界中から、
旅の人が集まっていて、
ものすごい数のスマホが掲げられる瞬間。



d0136804_19534891.jpg




これに、
乗ります。



d0136804_20052855.jpg





電車が珍しいウチナーンチュ的には、
テンションマックス。

だから、
つり革だって写真に撮ります。



d0136804_20032887.jpg



夫へ。
ご参考までに。


d0136804_20041827.jpg




で、
この電車が、
さきほど歩いた線路市場を通過します。




d0136804_19542006.jpg




電車通過中は、
張り出していたテントを畳みます。

発想といたしましては、
日本の和室に通じるなと。




d0136804_19545946.jpg




おもしろーーーーい!



d0136804_19560161.jpg




ニンニクと唐辛子。



d0136804_19564733.jpg



電車のチケットで折られた、
折り紙。

このタイの旅では、
子どもたち、
あちらこちらで折り紙作品をいただきました。




d0136804_20035385.jpg




踏み切り通過中。



d0136804_20050183.jpg



で、町を離れると、
塩田風景が広がりました。

乾季の始まりにつき、
これから塩造りが佳境にはいる、
そんな時期。



d0136804_20063043.jpg




沖縄本島の泊港界隈にも、
その昔は塩田が広がっていたのだよ、と言葉を交わしつつ。



d0136804_20065286.jpg



d0136804_20070515.jpg




4駅目で、
下車。



d0136804_20073812.jpg




線路に耳をあてるチャンスだったのに、
あてるのを忘れたことが心残り。




d0136804_20075849.jpg



バスに戻ると、
冷たいお水をお手拭が配られ、
バンコクまでの1時間半くらいの移動は、
3人共ぐーすか眠りました。

バスに弱い方は、
参加前に、
車酔い止めを飲んでおくのもいいかもしれません。

子連れで、
メークロンの線路市場へでかけるのはかなり大変そうなので、
ツアーに感謝。

子どもたちにとっての当たり前を、
パンチで崩す、
それが異国を子連れで旅する醍醐味なり。




# by dokoshima | 2018-01-04 09:46 | 旅する * 海外 | Comments(5)

あけましておめでとうございます。



あけまして、
おめとうございます。

ご挨拶が遅くなり、
大変失礼いたしました。

今朝、
タイのバンコクから、
元気いっぱいに(本当はとっても眠たいけれど)那覇へ戻りました。

とにもかくにも、
無事の帰国のご報告。

そして、
どうぞ皆さま、
本年も宜しくお願いいたします。



d0136804_19404979.jpg




楽しかったバンコク旅日記、
明日から、
ぼちぼちアップさせていただきます。





# by dokoshima | 2018-01-03 19:41 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(0)

ルンピニ公園の、オオトカゲ。


娘がタイで一番楽しみにしていたのが、
ルンピニ公園のオオトカゲさんとの対面。

たしか、
ダーウィンがきた、でやっていたとか、
なんとかで。

そしてルンピニ公園は、
ジョギング、
太極拳、
将棋、
思い思いに過ごす美しい公園。


d0136804_12102339.jpg



ここに、
いるのです。

↓娘、撮影。



d0136804_12011597.jpg


↓ 夫撮影。←ついに合流。

d0136804_12113054.jpg


ここで、
スワンボートに乗れるのです。
乗ろっと、
いるあいだに。


d0136804_12122388.jpg



d0136804_12125973.jpg





# by dokoshima | 2017-12-30 12:00 | 旅する * 県外 | Comments(0)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

*こちらも、ぜひ。

今日の美ら島 沖縄本島編
毎日更新中♪

美ら島物語

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。
9歳の日々。

最新のコメント

くみ様 * 砂糖入りの緑..
by dokoshima at 08:43
くみ様 : 大笑いです!..
by dokoshima at 07:27
くみ様:肥沃な川、ですね..
by dokoshima at 07:23
突然ですが懺悔します!!..
by くみ at 20:35

ブログパーツ

画像一覧

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル

沖縄諸島
旅行家・冒険家