<   2013年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

小学生時代の友人

同窓会に、
晴れやかに胸張ってでられるタイプの人もいれば、
同窓会には、
でるきになれない人もいる。

わたしは後者。

同窓会なんて、ありえない。

白髪ははえてるし、
小じわはあるし、
太ってるし、
性格的にもすっかりドスがきいているし、
あやしい職業だしね、
しかも売れてないし。

たぶん、もう一生、
同窓会ってでないんだろうなと思う。

一方でそんな私なのに、
続くご縁というはあるわけで、
ありがたいなとしみじみ思うのです。

先日、
大分で会った方も、
小学校卒業以来、
一度も会ったことがない、
連絡をとりあったことすらない方でした。

昨年だったか、
連絡をくれたのです。

この方が、
私のことを好意的な記憶としてとどめてくれているとは微塵たりとも思っていなかったものですから、懐かしく思いだすことはあったのですが、
もう会うことはないのだろうなと思っていました。

でも、この方が連絡をくれたのです。

インターネットの世界を経由して。

40歳。

そりゃあ、いろいろございます。

結婚する、結婚しない、結婚したけど別れる、別れたけど再婚する。

経済的な浮き沈み。

子供だって、できる、できないある。
できたって、病気や、気質、性質に悩むこともあるでしょう。
進学できた、できなかった、進学した学校のレベルで、
悶々することもあるでしょう。

それから、
自分や親の、
健康、病気。

人と自分をくらべるモノサシというものは、
人それぞれに
それはもう山ほどどっさりございます。
モノサシを作れば、ですけれどもね。

そして人間というのは、
そうゆう、
大きく見れば、些細な、しょうもないことで、
一喜一憂する生き物。

わたしだって、しかり。

じつにちっぽけでございます。

けれども、
そうゆうことをのりこえて、
会えるご縁というのは、
あるときにはあるもの。

で、会ったのです。

小学校時代に一緒に海に行ったり、
川に行ったりして遊んだ友達に。

わたしは、
小学校時代に、たいそう保健室が好きでした。
保健室の、落ち着いた年齢だったような気がする先生が、好きだったし、
静かな保健室も好きだった。
というわけで、しばしばお腹が痛くなったということにして、
保健室へおでかけしたまま、授業をうけなかったのです。

「あれは低学年だったのかな?」といったら、
友人が即座に、「うん、ハルカは保健師によく行ってたよ、低学年ではなかったよ」と。

このときの会話を、
正確にはおぼえていないのですが、
このときの会話で、わたしは思い出したのです。

彼女らが、授業がおわったのち、
保健室に迎えにきてくれていたことを。

なんだか、わたし、
しみじみしてしまって・・・。

わたしは、なにが嫌で、
なにから逃れようとして保健室に行っていたのだろう?

思い出せない。

でも、
ふたりが保健室のベッドが並ぶ部屋に、
迎えにきてくれたときのその光景は、
思い出せるのです、しかも鮮明に。

迎えにきてくれていた友人いわく、
「はるかは、保健室で本を読んでいて、その本に書いてあったことを教えてくれた」とも。
そうゆうことは、うーん、思い出せない。

それからもうひとつ。

わたしは、
こう話してくれた彼女のことを、
しっかりした頼りがいあるお姉さんのように記憶していたのですが、
彼女もわたしのことを、頼りになる、というような雰囲気で記憶しているようだったのです。
これには、
腰がぬけるほど驚きました。

記憶は自由。

自分の人生のなかのできごとの、
どの部分を、
どのような風に記憶するかはまことに自由。

一緒になめくじに塩をかけたり、
巻貝をとってゆでて食べたり、
いま思えば映画にでもなりそうなほどに強烈で猛烈な個性を放ちつつ教壇にたっていた、
思えばいまの私たちより若かったかもしれない教師たちのことなど、
鮮烈な時間をともに過ごした仲間たちなのですが、
その思い出はいろいろで、おもしろいな~~、不思議だな~~と。

すごく興味深かったのです。

奇妙な思い出満載な小学生時代ですが、
忘れていたパーツが多く、
友人と話すうちに閉めていた記憶の箱がぱかーり、ぱかーりとあくような感覚に見舞われ。

まあ、でも、そんなことはどうでもいいのです。

2時間か3時間、
喫茶店でおしゃべりしただけの再会だったのですが、
思い出したのです、友達がやさしかったことを。

彼女らが保健室に迎えにきてくれた、
あの場面はその象徴。

やさしかった、ともだちはいつも。

いまさらではございますが、
ありがとう。

で、おさしつかえなければ、また会いましょうね。


   10歳とか11歳とか12歳のころをふりかえる、
                40歳のハルカより
by dokoshima | 2013-09-30 09:20 | 旅する * 県外 | Comments(3)

竹田で、なにをしていたかといいますと・・・。


大分県の竹田では、
こんな取材を・・・。
貴重なお話しを伺うことができました。
すばらしい出会いに感謝。

  ↓

http://www.churashima.net/todays/island.php?id=1&yyyy=2013&mm=09&dd=27


竹田の山奥まで連れていってくれた妹夫妻と、
取材中、子守りを担当してくれた妹の夫くん、
ありがとう。
そういえば、なぜか妹は私と一緒に取材していたな・・・。
by dokoshima | 2013-09-27 08:29 | てくてくと取材 | Comments(4)

みどりの窓口の涙

沖縄から福岡空港につき、
福岡空港で案内所のお姉さんにところへ。

フキ「どうしてあのお姉さんは目のうえが青いの?」

で、都会に緊張しているフキとともに、
地下鉄にのり、博多駅へ・・・。

そうして別府へ向かう切符を買うべしと、
みどりの窓口へ。
予想通りの行列・・・。
ようやく自分の番になり、
聞けば、指定席で並びでとれるのは20時50分とのこと。
・・・遅すぎる。
その前の電車は、縦並び、とのこと。
というわけで、フキと話し合い、
合意のもと縦並び指定券を購入。
購入後、
申込用紙にあれこれ書く机のうえで、買った切符を整理してたら、
背後から妙な気配が。

・・・ぽろぽろと、
フキの頬に涙。

無理だったみたいです、親子縦並び乗車は。

というわけで、
博多に一泊することに。

5歳児は、
まだまだ、かわゆいのう。

もちろん翌朝は、
朝食を買い、親子仲良く横並びにて電車の旅。

楽しかったです。

ちゃんちゃん。
by dokoshima | 2013-09-26 20:02 | 旅する * 県外 | Comments(3)

ただいま移動中



福岡 → 別府 → 長湯温泉 → 竹田いろいろ → 別府 → 宮崎
by dokoshima | 2013-09-24 07:42 | 旅する * 県外 | Comments(2)

ひとりごとのような。


すーじ道(小道)歩いたら、
とっても暑いけれど、
やわらかな島風が吹いていて、
木陰にはいれば涼しくて。

なんてことない日常の風景だけれど、
きれいだったのです。
写真には、撮りきれてないけれど。

琉美子☆さま、
お元気でいらっしゃいますでしょうか・・・。



d0136804_1112135.jpg

by dokoshima | 2013-09-20 11:18 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(0)

グルクン VS さかな * 奥武島のてんぷら屋さん 



d0136804_8304991.jpg




奥武島の、てんぷら屋のメニュー。



d0136804_8231127.jpg




いずれも魚類だけれども、
さかなは65円、
グルクンは100円。

食べ比べたわけではないけれど、
グルクンてんぷら、旨し。

思えば、
うまんちゅ市場の外のてんぷら屋の、
グルクンてんぷらも、おいしかった。

グルクンが、
おいしい?

・・・あげぱんも、気になる。
by dokoshima | 2013-09-20 08:30 | 食べる * いろいろ | Comments(0)

「島野菜食堂 てぃーあんだ」 * 読谷村

沖縄に暮らしていると、
他府県からのお客様を案内することがしばしばあります。

で、そんなときに頭に思い浮かぶ店のひとつが、
島野菜食堂 てぃーあんだ」(読谷村)。




d0136804_10135811.jpg





*先日もコチラへ・・・。
http://www.churashima.net/todays/island.php?id=1&yyyy=2013&mm=09&dd=19


*2011年9月7日のブログでも、
紹介していますね。
このときは、はて、どなたとご一緒したのかな?
家族だけだったかな?
http://nutigusui.exblog.jp/14507786/



食材、調理法、器、
沖縄ばなしに花を咲かせることができるランチだなと。

「美ら島」にも書きましたが、
わたしはいつも、11時の開店と同時にはいります。
(ランチは予約できません。夜は予約OK。)


ちなみに、
どんなコースで楽しんだかといえば・・・。


那覇 → 嘉手納の、道の駅 → 「島野菜食堂 てぃーあんだ」 → 座喜味城址 → やちむんの里(お気に入りの陶芸の工房2つ、ガラス1つ) → スーパーマーケットのジミー → その裏通りの先にあるセレクトショップ → 首里の新垣菓子店 → フキの幼稚園 → 泊の富士屋 → まさかのバイオリン教室見学


ご参考までに、初日はといえば・・・。
昼合流後、桜坂劇場のショップ → はりこの店 → 牧志公設市場 → あかさたなで、ランチ → 壺屋をうろうろ → ここから車で奥武島&食堂かりか。



皆さまの旅の参考になればさいわい。
by dokoshima | 2013-09-19 10:15 | 食べる * いろいろ | Comments(0)

久米島の、グルクンかまぼこ



d0136804_714032.jpg




むっちり、ねっとり、さっくり、
で、焼くと、ぷっくり。

濃くて、とてもおいしかった。

滋味豊か。
by dokoshima | 2013-09-18 07:03 | 食べる * いろいろ | Comments(0)

こうして、奥武島の男たちは育つのだ。

といやっ!


d0136804_631259.jpg




やったぜ!



d0136804_6315353.jpg




ぷは~っ!



d0136804_6321936.jpg





この子たちの10年後は、
きっと、こう。



                                    奥武島のハーリー。





すがすがし。
by dokoshima | 2013-09-17 06:37 | 旅する * うろうろ沖縄本島 | Comments(2)

9月19日(木) = 十五夜



d0136804_10341683.jpg




すすき、ききょう、われもこう。


秋のお花を用意。


木曜日までには、
枯れそうな気もしますが・・・。


ま、枯れ感もまた秋ということで。


・・・すすき、写ってないしね。
by dokoshima | 2013-09-15 10:35 | 草木と、ベランダ。 | Comments(0)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

*こちらも、ぜひ。

今日の美ら島 沖縄本島編
毎日更新中♪

美ら島物語

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。
9歳の日々。

最新のコメント

くみ様:自作の地球儀??..
by dokoshima at 06:19
鍵コメさま:こんにちは。..
by dokoshima at 06:16
私も長年ずっと地球儀を探..
by くみ at 20:19
tatanukidapo..
by dokoshima at 08:13

ブログパーツ

画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル

沖縄諸島
旅行家・冒険家