<   2012年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

沖縄子育て良品 * 那覇の古島

これ、昨日の〈今日の美ら島〉でもご紹介したのですが、。
先日の親子遠足のときに、
お友達のお母さんから教えていただいた虫除けスプレー。
ぷしゅーっとかけてくださったら、
とてもいい香りで、親子で一目ぼれ。


で、さっそく買ってきました。



d0136804_6462545.jpg




販売名は、アロマミストMとなっています。
スプレー式の内容量は100ml。

全成分は以下。
月桃葉蒸留液、久米島海洋深層水、エタノール、グリセリン、シトロネラ精油、
レモンユーカリ精油、レモングラス精油、ティートゥリー精油、ラベンダー精油、
ペパーミント精油、月桃精油。

まあ、
効きはやんわりなのかもしれないけれど、
吸っても不安じゃないから、うれしいなと。



で、お店の場所ですが、
ちょっと立ち寄りにくい場所にあるのです。

車で行くなら、
首里城近くの儀保の交差点から、
モノレール沿いに那覇方面へと坂道をくだっていき、
那覇市立病院まで行かずに、
市立病院がある大きな角の、ちょっと手前です。
エネオスの手前。
うっかりすると、
通り過ぎるので、
最初から左車線を走っておいたほうがいいですよ。

駐車場もあります。
少々とめにくいけど・・・。
焦らなければ、大丈夫♪


沖縄子育て良品 公式サイト(インターネットショッピングもできます)→ http://onenet.ti-da.net/
http://onenet.ti-da.net/


でも、わたしが買った、スプレー式のと、詰め替えがセットになっているタイプは、
店舗のみでの販売のよう。
小さな小さなお店ですが、
気になる方は訪ねてみてください。



d0136804_6493423.jpg




右側の二段重ねの木製弁当箱も買いました。
浅いので、フキ用。
私用にしたら足りないはず。

とりあえず、フキ、うれしそう。


~本日のお弁当の献立~
*シイラのバジルソース焼き
*いつもの卵焼き
*梅干
*釘煮
*シイラを焼いたフライパンで炒めたちんげん菜
*ミニトマト
*豆ごはん
*フキだけ、グレープフルーツ
by dokoshima | 2012-05-31 06:54 | Comments(6)

映画「別離」

昨日書いたブログを、いまアップ。





*映画「別離」公式サイト → http://www.betsuri.com/


朝、スタバで原稿いじくって、
時間になったら桜坂劇場へ。
あ~、贅沢。
そうして観た映画はというと、
お金を払ってみるに値したな~と。
満足。
日常を錯綜するどこにでもある思いの重なり、絡み合い、交錯、
それに社会問題を織り込んだイランでつくられた映画。
見事。
この感じ、
「停電の夜に」(J・ラヒル)の読後感にちょっと似てるかも。

予告編をリンクしといてなんですが、
予告編よりも、映画の方がずっと平らかでよかった。
by dokoshima | 2012-05-29 14:37 | 音楽、映像、映画、ブログとか | Comments(0)

メモリアルデーの、泊外人墓地

常とは異なる泊外人墓地の風景。

d0136804_832443.jpg



d0136804_84031.jpg



*泊の、外人墓地の案内(なお記載の日程はすべて終了したものです。) → http://www.city.naha.okinawa.jp/sisei/kaiken/y2003/m07/stuff/kaiken030716_1_boti.htm

*那覇まちま~いブログより → http://machiaruki.ti-da.net/e3867502.html

*那覇まちま~い 泊編 → http://naha-machima-i.com/wp/?p=1461
by dokoshima | 2012-05-29 08:09 | 旅する * 沖縄歴史探訪な感じ | Comments(5)

バイオリン

家での、
たった15分の練習がバトルになること多々ありのバイオリン。

ばっかじゃないの、といわれることでしょうけれども、
始めて半年。
とーきどき、半年のあいだに3回くらいですが、
素敵な瞬間があったのです。

昨日が貴重な、その一回。

フキ、
プロのギタリストと「きらきら星」のとってもとってもとーっても短いバージョンを、
ふたりで演奏。

昨朝、
ゴルフにでかける父さんに聴かそうとしたら、
アホなミス連発で母さんにギロリ睨まれ号泣したフキ。

一応ね、
一生懸命、フキの歩みで今日まで練習してきたのです、ここ半年。
うわの空でわたしにどなられ号泣したこともあったし、
赤いピアノをフキが足で怯えながら蹴ろうとしたりすることも。
悔し泣きしてるときもあったし。
わたしにしても、猛烈にイライラしても、ぐぐぐっとこらえることしばしばだったし。
母子共々、それぞれに苦労があったはず。
何度か、「バイオリン、やめる?」と聞いたりもしたし・・・。

で、とりあえず、
心無い音をだすと、
バイオリンのなかに棲んでいる妖精さんが、
飛んでいってしまう、ということになっているのです。
妖精さんがいなくなったら、バイオリンはただの、きれいな開かない箱。

フキ、ときどきバイオリンの穴をのぞいていますが。

とにもかくにも、
そんなこんなでどうなることやらと案じていたら、
昨夕の会場だった講堂近くにある、
那覇と海とを一望できる東屋で最後の練習をしようねと弾いたら、
それは、楽しそうに弾いていて。

きれいな景色をまえに、気持ちよかったのかな~、フキ。

で、本番も、きっちり演奏。

あたたかな拍手をいただき、
あちこちからばっかじゃないの、の声が聞こえてきそうだけれど、
母さん、超感動。

なにしろ今日までのわずか半年で、
こんなことしてアホじゃないかなと自問自答することもあったものですから。
いやはや、本当にカメの歩みだったものですから。
たぶん、不器用さんなのです、フキ。
それに父さんも母さんも音楽の素養はゼロですし。

演奏後、
おじぎもそこそこに、
はちきれんばかりの笑顔で走りよってきたフキ。

まぶしかったな~。

ああ、思い出しただけで、涙がでそう。

アホでしょう、わたし。

やれやれ。

で、ピアノすら弾けない母ちゃんとフキの練習グッズがこちら。


d0136804_6581170.jpg



おもちゃのピアノ。
先生にお借りしている一番小さいサイズのバイオリン。
それと、フキのモチベーションをあげる、魔法のお菓子たち。

そうそう。
入園式のときに着た一張羅のワンピースも、魔法の洋服。

あれを着られるってだけで、
モチベーションが違います。

いやはや、ぞっとするような親ばかアホトークでしょうが、
本当にちょっとうるっとするほど感動しました。

チビが、
懸命に弦と指をみつめ、
音楽している姿。

弾き終わったあとの、あの笑顔。

・・・もしかしたらいまが一番のピークかもしれないけど。

まっ、
思い出ってことで。

まぶしかったよ、母さん。

フキにとっての、
すてきな音楽の思い出になりますように。

いつかフキが大きなリュックを担いで旅にでたとき、
泊まった異国の安宿にバイオリンがあったりして、
そんなとき、
そのバイオリンを奏でて、世界の人びとと音楽で語らえたらステキだなって。

そうゆう風に、音を楽しめたら素敵だな~。

今日のブログは、
母さんの備忘録。
心のメモ。
by dokoshima | 2012-05-28 06:58 | ぎこぎこバイオリン | Comments(8)

わたしの、母の、父の、父の、父の絵。

雛人形を片付けるとき、
防虫剤をいれたりしていて、
そういえばと思い、
母にもらった掛け軸の箱を開け、
防虫剤を入れがてら、
わたしの、母の、父の、父の、父が描いたというお雛様の掛け軸をとりだしたら、
その下から、
くるくるくるくると巻かれた黄ばんだ紙がでてきたので、
びらびらびら~んとひろげたら、
ツバメの絵が描かれていて。
びらびらびら~んと長い紙だから掛け軸用に描いたのでしょうけれども、
そのツバメが、なんだかかわいくて。
嘴に虫を挟み持っているお母さんつばめと、
子供ツバメ。

なんか、かわいいじゃんねー、これって。

というわけで、
これを額に入れ飾ろうと思い、
県庁前にあるデパート「りうぼう」の絵画コーナーへ。
そうして悩みまくったすえ、
額縁の枠のデザインを選び、
絵の縁を囲む紙の色を選び、
面銀とやらをつけることにして、
オーダーしたのが、宮崎帰省前。
たしか、3万円ちょい、のお買い物。

で、完成。



d0136804_2215344.jpg




なにしろ畳んで箱にしまわれたまま百年以上(?)経ったということになるから、
紙のシワは、
お店の方が伸ばす努力をしてくださったそうなのですが、
とれず、そのままですが、大満足。

これなら防虫剤とともに箱のなかに仕舞われたままということもないし、
ツバメは初夏の絵だし、
沖縄では素通りしていく渡り鳥だけど、
それに、
ツバメの子が巣に入っていないのに餌をもらっていることに少しばかり不自然さを感じるけど、
もしかしたら巣立ったばかりのツバメは、
親に餌をもらうこともあるのかもしれないからとも思うし、
やっぱりなんだかかわいいから、
お気に入り。

近いうちに壁にかけようと。

それにしても、
不思議なものですよね。

多くのものが残らず消えていくのでしょうけれども、
こうして、残るものもあったりして。

この絵を描いたご先祖さまは、
どんな方だったのか。
・・・チョンマゲの時代も知っている方になるのかな~?
おしゃべりしてみたかったな~、この絵を描いた人と。
それは無理なことだけど。

ツバメを、
こうして描く人だから、
まあ、やさしい気持ちの持ち主ではあったのかもしれないな~と前向きに想像。

とにもかくにも、
ご先祖さまは、
このツバメをかわいい、と思って描いたとしたならば、
昭和生まれで平成を生きるわたしと、
その、かわいい、という感覚を共有したことになるわけだから、
これって、おもしろいな~、と。

うん、うん、やっぱりかわいいな、この絵。
by dokoshima | 2012-05-27 22:28 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(2)

印税!!!!

もう10年も前のこと。
『島を旅する』という本をだしていただいたことがあります。

そして、さきほどポストに、
その出版社からお手紙が届いていて。

なかには、こんな紙が。



d0136804_18352318.jpg




印税!!!!  (注意:額は、我が家の家賃の二分の一強程度ですが。念のため)

ひ、ひさしぶり(涙)。

ありがたやー、ありがたやー。

やはりうれしいものですね。

買ってくださった方々、
島々で出会った皆様方、
お世話になった方々に、
心より御礼申し上げます040.gif040.gif040.gif


あらためて、感謝012.gif


ちなみにこの手紙には、こんな文言が034.gif



なお、販売に当たっては、総力を挙げてあらゆる手段を講じているところですが、
引き続き著者の皆様のご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。




というわけなので、宣伝でーす040.gif

残り部数もわずかになっているようで、
重版の予定はございませんので026.gif
気になる方はぜひぜひお早めに♪ 


で、気になった方はこちらをチェック!
  ↓
 Amazon


引き続き、
よろしくお願いいたします010.gif


d0136804_2022929.jpg



010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif010.gif
by dokoshima | 2012-05-26 20:24 | プロフィール+お知らせ | Comments(1)

ジーファー

糸満にある、
「茶処 真壁ちなー」を訪ねさせていただきました。

こちらには、
「金細工またよし」の、
先代である又吉誠睦氏がつくったジーファーが残っているのです。



d0136804_6283831.jpg




なんて、美しいのだろうと。
繊細で、品があり。
手にしたときも、
その細さが心地よく。

頭を垂れた那覇打ちです。

首里打ちは、くっと頭をあげています。

それにしても、美しい。

心から、そう思います。

簪の持ち主は、
明治33年にお生まれになられた方。
昭和50年に亡くなられたそうです。

持ち主が歩んだ時代は、
琉装が否定され、
女性たちのなかには髪をいくらか短くし琉髪をあらため結い直したりする方もいらして、
沖縄の言葉が否定され、
戦争で金属が集められ、
沖縄の簪の多くが集められ国に奉納することが当たり前の美しいこととされ、
なにもかもが焼け、
戦後にはパーマが流行り、
ステキな、あこがれのワンピースをまとい、
女性たちは美容室でパーマネントをあて、
そうゆう時代。

いまこうして残るこの1本の簪、
ジーファーが、
戦前生まれなのか、
戦後生まれなのかは知るすべもなく、
解らないのですが、
大事なことは、
こうゆう時代のなか、
持ち主の思いにより、
そしてそれを引き継いだ方々の思いが重なり。
いまここにこうして残っているということだと思うのです。

この一本に限らず、
いまなお手元に残っているジーファーというのは、
持ち主の強い思いにより残っているのだと。

ジーファーの取材を重ねるなかで、
この頃こんなことを思ったりしています。
by dokoshima | 2012-05-25 06:42 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(0)

弁当、3つ。

親子3人分のお弁当。


d0136804_10135975.jpg



フキの園で、
週2日、お弁当の日があるので、
4月から、まったく作らなくなっていたお弁当作り再開。

決めたことは、ふたつ。


①おにぎりは、遠足など、特別の日のみ。

②お弁当の日の朝に、まとめてご飯を炊き、冷凍。
 日々の食事用にする。


フキは、おにぎりが大好きなのです。
でも、おにぎりは少しめんどう。
だから、おにぎりはオゴチソウに分類を。
そうすれば、おにぎりが入っているだけで、
そのお弁当はオゴチソウになるという作戦。
これ、料理家の小林カツ代さんが息子さんに実践していたらしく、
息子であるケンタロウさんの著書に記されていた方法なのです。


さて。


そうして今日は、
「金細工またよし」の皆さまと、
又吉健次郎氏のお父さま(誠睦さん)が作られたジーファーをみに、
行ってきます。
糸満にある、
おそば屋さんがお持ちとのことで。


どのようなお話しがうかがえるのか、
とても楽しみ。


道に、迷わないようにしなくっちゃ。
by dokoshima | 2012-05-24 10:21 | 食べる * いろいろ | Comments(4)

「モチモチの木」 * わたしが読んでいた本

子供のころに持っていた絵本がそのまま生き残り、
いまも手元にある、そんな一冊。
というか、絵本の生き残りはこの一冊のみ。



d0136804_22564877.jpg




モチモチの木
作・斎藤隆介
絵・滝平二郎
岩崎書店


手元にある本は、
1980年5月31日発行の、第46刷。



d0136804_2257377.jpg




凄い絵本、だと思います。

あのときの感動は子供のころ限定のものなのかなとか思いつつひらいたら、
躍動感と骨太な感じとかの記憶そのままによみがえり、
その世界の空気感は、
おなじく心を打ち。

むしろスピード感とか、
疾走するその感じとかが記憶のなかのものよりもずっと強くもあり。

大人のいやらしさが、微塵も匂わない、
作り手の強い意志、覚悟、いさぎよさ、みたいなのが背景にあるのではと思うのです。

こうゆう絵本は、永遠。
by dokoshima | 2012-05-23 05:55 | ときたま娘本 | Comments(4)

「紙馬」 * 台北の書店にて

昨秋の、
〝家族で台北旅〟のとき、
夫が娘の昼寝につきあってくれているそのあいだに、
ひとり、街をうろうろ。

で、書店にはいり、
絵本コーナーへ。

数冊手にとり、
買おう!、と心に決めたのが、
赤が美しい、この本。



d0136804_521466.jpg




雪がどんどん降ってきて、
お父さんとお母さんが帰ってこられなくなり、
心配で心配でしようがない小さな女の子に、
おばあちゃんが、赤い紙を切り、馬をつくってくれ。
眠ると、その馬が女の子を背にのせ、
雪のなかで身動きとれなくなっているお父さんとお母さんのもとへ行き、
連れ帰り・・・。
翌朝、目が覚めると、玄関にお父さんとお母さんが。

たぶん、こんな感じのお話しのはず。

文字は、読めないけど・・・。

ともかく、絵を眺めつつ、
たぶんこうかな~と、
読み聞かせていたものの、どうにもこうにもギクシャク。

・・・この本、
もっと美しいはず、なのだけれど。


そうしてもうだいぶ前のことなのですが、
夫が、会社のお仲間に台北出身の方がいらして、
上海出張で一緒だったと話したことがあり、
お目にかかったことがある方だったこともあり、
ああ、あの方に訳をつけてもらえぬだろうかと思い至り。

台北出身で、
沖縄に嫁ぎ、もう長らく沖縄で暮らしていらっしゃり、
お母さん業の大先輩でもある方なのです。



d0136804_5284473.jpg




d0136804_529331.jpg




つけてくださった訳文を読むと、
ああ!、こんなにきれいな絵本だったのね、と。

ありがたいこと。

言葉は、うまくかみあったときには魔法になるなと。

大事に大事に読みます。



d0136804_5302065.jpg

by dokoshima | 2012-05-22 05:39 | ときたま娘本 | Comments(2)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

*こちらも、ぜひ。

今日の美ら島 沖縄本島編
毎日更新中♪

美ら島物語

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。

最新のコメント

くみ様 : おはようござ..
by dokoshima at 07:59
これなんという名前のもの..
by くみ at 19:27
くみ様 : こんにちは!..
by dokoshima at 15:24
この違いすごすぎます‼︎..
by くみ at 10:30
鍵コメ様 : 生放送なの..
by dokoshima at 13:35
tanukidapont..
by dokoshima at 20:20
くみ様:こんばんは。ただ..
by dokoshima at 20:17
連休でどこかお出かけなの..
by くみ at 21:13
懐かしいポン~~! ..
by tanukidaponta at 10:52
くみ様 * こんにちは&..
by dokoshima at 23:51

ブログパーツ

画像一覧

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル