<   2012年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

琉球と袋中上人

京都・檀王法林寺
開創四〇〇年記念
琉球と袋中上人
エイサーの起源をたどる

という企画展が、沖縄県立博物館・美術館で開催中。
九州国立博物館との共催事業なのだそう。



d0136804_8431561.jpg




袋中さんは、浄土宗の人。

先週の日曜日、
この企画展にあわせて開催された「尚寧王と袋中上人再見」という公演(琉球舞踊と新作組踊)&講演を観に(聴きに)いったのですが、その際に、上里隆史氏(「琉日戦争一六〇九」の著者でもあります)がお話ししてくださったことによりますと、・・・。

袋中上人は、関ヶ原で負けた側の武将に縁のある人だったため、この戦いのあと、当時の知識人のあいだで流行していた“明への渡航”をしようと思ったようなのです。では、明へどのようにして渡るのか。袋中上人は、まずは琉球へ行き、そののちフィリピンはマニラ(当時のルソン)へ渡り、そののち明へと考えていたそうです。当時、東アジアの海上には、そうゆう民間の物流ルートがあったわけです。じつはこれが沖縄の“銀”と深いつながりがあるのですが、その話はまたあらためて。

が、ルソンで暴動がおき、琉球からの船が出航しなくなってしまい、袋中さんは、そのまま琉球に3年滞在したのだそうです。

30分間の講演だったので、たとえば袋中さんは、そのあとも明へ渡ろうと思い続けていたのか、とか、琉球での暮らしぶりとか、3年後、内地へ戻るその経緯とかまではお話しにはなかったというか、時間がなかったのですが、とにかく袋中さんは3年間、琉球に滞在し、尚寧王などが帰依したそうです。

いずれにせよ琉球で、袋中さんは人気者になった(支持された)、ということなのでしょうね、きっと。

で、とにもかくにもそうゆうわけで、心を通わせた袋中に、尚寧王は贈り物を渡しているのです。

その贈り物が、帰国後、京都で袋中がひらいたお寺さんに、しっかと守り伝わっていたのです。

今回の企画展では、それらの品々を観ることができるのです。

決して多くが展示されているわけではないのですが、
なにしろ薩摩侵攻と大戦を乗り越え、それぞれの時代の人びとが守り残した品々ですから、
そこには壮大な物語がこめられているわけで。

尚寧王が袋中さんにプレゼントしたという中国の官服も展示されていました。

それは、つい数年前まで、
京都の祇園祭のさいにつかわれていたのだそうです。


http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=6000084


凄いなーと。
だって、本当に使われていたのですもの!!!
使われていたころわたしは新大阪にすんでいたけれど、
残念、妊婦だったり新生児抱え時代ゆえ、
祇園祀りは観ておらず。

京都の法林寺にも、
いつかぜひ行きたいものです。


~ おまけ ~

今日の、今日の美ら島の写真の下の現実は、こんな風。
この頃、机の下が芙木の家なのだそう。
・・・いろいろありますね、ブームが。
やれやれ。


d0136804_96288.jpg

by dokoshima | 2012-01-31 09:07 | 旅する * 沖縄歴史探訪な感じ | Comments(3)

「やさしいりゅう」 * 3歳4ヶ月

ドラゴンがいたるところにいる沖縄。
そして、ドラゴン好きな娘。
わたしも、ドラゴンは好き。


d0136804_8191747.jpg



やさしいりゅう
文:劉 霆華(りゅう てぃほゎ)
画:田 黎明(てぃぇん りんみん)
訳:君島 久子(きみしま ひさこ)
発行:小峰書店
定価:1080円


表紙の色彩と、
中身の色世界がいくらか異なるような印象を受けたので、
お話しページからも一枚。



d0136804_8254346.jpg




中国に伝わる龍の伝説を、絵本に描いています。

龍は、怖く、美しく、つかさどるもの。

それを雄大に、
そうしてどこか謙虚にあらわしていて、
魅せられる絵本。

図書館で借り、
ネットの本屋さんで探したら絶版になっているようだったので、
「日本の古本屋」で検索して購入。

以下、巻末に添えられていた劉氏からの言葉です。


 大昔の人びとは、偉大な自然の力をまのあたりにして、天空には風雨を司る神がいると想像し、それを“龍”とよびました。これが最も初期の龍の神話です。その後人びとは、自らの感情や願望に従って、絶え間なく龍の形象を練りあげ、さまざまな神話や伝説を生み出していきました。
 これら“龍”の伝説の中には「善い龍が罰を受ける」という型の話があります。善い龍は、ひそかに人びとを助けますが、その結果天帝の罰を受けるのです。この型の伝説は、人類の自然を制服したいという願望や、善良な犠牲者に対する思慕を表現しています。
 中国の陝西(せんせい)地区に伝わる「二月二日、龍たい(←本当は漢字)頭〈りゅうたいとう〉」の伝説は、この龍王が雨を降らせた結果、罰を受け、人びとが龍王を救けるために、二月二日の日、どの家々もみな、よく炒ったとうもろこしを中庭に供え、太白金星がそれを、「金の豆が咲いた」ものと見誤り、龍王を放って天に登らせるというものです。この風俗慣習が、今に至るまでずっと続いているのをみても、“善龍”の話がいかに人びとの心に深くきざみこまれているかがわかると思います。
 「龍たい頭」の話は、この民間伝説から取材して書きました。



大事にしたい絵本です。



~ 追伸 ~
プレゼントなどの参考になさる方がいたらと思い、
追伸を。
芙木の年齢にぴったりかというと、
まだいくらか早いような気もします。
が、ドラゴンがまわりにいっぱいいる沖縄っ子は、
わりと楽しめるのかもしれないなと思いました。
by dokoshima | 2012-01-29 08:53 | ときたま娘本 | Comments(0)

「フラワー・フェアリーズ」 * 七五三のお祝い

飛び出す仕掛け絵本って、
過剰サービスで、
これじゃ文字とか絵とかから想像を膨らます余地がないじゃん・・・。

と思っていたのですが・・・。


d0136804_1823228.jpg



「フラワー・フェアリーズ」
発行所:大日本絵画
定価(本体3,000円+税)

そもそもこの手の本は、
本屋さんでは大人本かのごとくビニールでぐるぐる巻きにされていて、
沖縄の場合かもしれないけれど見本の展示もなく、
値段は高いし、
そのくせ中味を良し悪しを確認できないから興味がないことはないけど買う気にはなれず、
くわえてこれまでの芙木なら即破壊するだろうし、
というわけで買ったことはなかったのですが、
・・・妖精というところについ魅かれ(←私が)。
緑と金という色目も(私が)好きだし。
で、店員さんをつかまえて、
中味を確認したいと物申し、
開封してもらったら、
・・・う、う、う、うっとり。



d0136804_18254642.jpg




d0136804_1826120.jpg




これ以上、
この手の本を買うつもりはないけれど、
ああ、夢いっぱい、
すばらしい。

母さん、これ好き。

芙木もときどき開くと、
あっちからこっちから、
隠れている妖精を探すべくのぞきまくり。

七五三のお祝いにいただいた図書カードで買わせていただきました。

素敵な、
美しい、
夢いっぱいな絵本です。
by dokoshima | 2012-01-27 18:39 | ときたま娘本 | Comments(0)

あれこれ。

気になることあれこれ。


那覇市歴史博物館では「辻の歴史と文化」(~2月29日)を開催中。
http://www.rekishi-archive.city.naha.okinawa.jp/



沖縄県立博物館・美術館
九州国立博物館で昨年開催されていた企画展「琉球と袋中上人」(~2月19日)が、
沖縄へもやってきます。
http://www.museums.pref.okinawa.jp/museum/topics/detail.jsp?id=746



国立劇場おきなわでも、
いろいろ気になる公演が。
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=d0136804


いそがしい。
by dokoshima | 2012-01-27 10:52 | 情報いろいろ | Comments(0)

復帰40年+開局70年 * NHK

今年の5月15日で、
沖縄は本土復帰40年を迎えます。
で、開局70年を迎えるNHK沖縄では、
こうゆう企画をおこなっています。



http://www.nhk.or.jp/okinawa/fk40/index.html



沖縄の人々の過去の生き様を知るなかで、
いまを大事に、よく考え、選び生きねばと思います。
by dokoshima | 2012-01-26 08:34 | 旅する * 沖縄歴史探訪な感じ | Comments(2)

とうもろこし、ほうれんそう、かぶ。

冬だけど、とうもろこしが実るらしく、
「うまんちゅ市場」でお買い上げ。



d0136804_202650100.jpg




いま沖縄は、ほうれん草がお買い得。



d0136804_20414434.jpg



こちらは県産品ではないカブのスープに、
2日目、ペンネをいれたもの。
旨し。


d0136804_20425849.jpg




ちなみに今宵は昨晩の残りのミートボールをトマトソースで煮込んだもの。
ホウレンソウもどさっといれて、
レモンの皮を削りいれるのがミソ。

明日は、
なにを作ろうかな~。
by dokoshima | 2012-01-24 20:46 | 3歳の日々 | Comments(0)

ドラゴン。

今日は、旧正月。

というわけで、まずはこちら。








そうしてドラゴンいろいろ。

縁起がよさそうなものとか、
厄除けになりそうなものなども少々。



d0136804_2305338.jpg





龍ではないけど、なんとなく。
d0136804_231834.jpg





 ↓台湾
d0136804_233259.jpg






d0136804_2312324.jpg





↓那覇市の久米は、大陸から移り住まわれた方々が多く暮らしていた町で、
風水を強く意識し造られているのだそう。
この三角形の公園は、龍の頭。道は、龍の体、を表しているのだとか。
d0136804_22372585.jpg





玉陵
d0136804_2315979.jpg





         ↓北谷の美浜
d0136804_2321586.jpg






d0136804_2323266.jpg





    ↓首里城
d0136804_2324982.jpg






d0136804_2343281.jpg





          ↓台湾
d0136804_2345355.jpg





↓先日読んだ中国の民話絵本では、
雨を降らせるドラゴンが虹になっていたので。
d0136804_2351012.jpg





↓那覇のハーリー
d0136804_2333192.jpg





   ↓那覇の久米にある福州園
d0136804_163233.jpg





↓ベトナムのチャイナタウン。
でもこれはドラゴンじゃなくて、獅子・・・?
d0136804_2334185.jpg





       ↓メンズの後ろにドラゴン(首里城)
d0136804_234335.jpg





       ↓うーん。髭がキュート
d0136804_2352571.jpg





↓龍がくわえている玉が気になる(福州園)
d0136804_1622571.jpg





   ↓芙木の心の友。泊港のドラゴン
d0136804_1623968.jpg




明治橋のドラゴンさんなど、
あともう少し数を揃えたいところですが、
まあこんな感じで。


ガオー。
by dokoshima | 2012-01-23 06:45 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(4)

福州園の、東屋の屋根。


なんとなく好きな場所、
福州園。

その池のほとりにある東屋の屋根。



d0136804_2241166.jpg




かわいい。
by dokoshima | 2012-01-21 22:04 | 旅する * 沖縄歴史探訪な感じ | Comments(0)

ハルダンゲルとバンドネオン。

音楽を愛してやまない友人が、
メールのやりとりのなかで、
ハルダンゲル、という楽器との出会いを語ってくれて。

ノルウェーの民俗楽器。
4本ある弦のしたに、
平行して、
指も、弦も触れることができない、
4本の弦(共鳴弦)がはしっているのだそう。
そうしてそれらがこたえあい、
和音をうみだす、・・・。

とのこと。

・・・。

というわけで、
さっそくハルダンゲルで検索してみました。





調弦のときも、
共鳴弦には触れらぬのだそう。

わたしは三線の調弦もできないのに・・・。


で、バンドネオンという楽器も世の中にはあるそうで、
また検索。







ふーーーん。

さまざまな楽器。

人は、いろいろつくりだすし、
つくりだしたい欲求にかられる生き物だし、
それらを楽しむことができる生き物。

人間って、愉快な生き物だな~。
by dokoshima | 2012-01-20 10:50 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(1)

木肌の手入れ。


芙木の、
離乳食をはじめたときに用意した、
久米島の「五え松工房」の宮良さんがつくってくれたスプーンを筆頭に、
いろいろ。



d0136804_6195758.jpg




昨日の昼、
すっかり、
肉も魚もガシガシモリモリ食べるようになった芙木とドライカレーを食べようとしたら、
ずいぶんと木肌が荒れているな~と。

で、
エキストラバージンオイルをたらり垂らし、
指の腹で塗り塗り、
すりすり。

そうしたら、
べたつくこともなく、
潤い。



d0136804_62257100.jpg




木肌も手肌も同じ、かな。

ついでに手入れをするうちに、
なんだか気持ちも明るくなり、いいことづくめ。

るん♪
by dokoshima | 2012-01-18 06:34 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(5)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

*こちらも、ぜひ。

今日の美ら島 沖縄本島編
毎日更新中♪

美ら島物語

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。

最新のコメント

鍵コメさま * うーーー..
by dokoshima at 09:38
非公開さま:コメント、残..
by dokoshima at 10:56
くみ様:こんにちは。エア..
by dokoshima at 11:31
たびたび失礼します(^^..
by くみ at 21:05
くみ様:おはようございま..
by dokoshima at 07:48
遅ればせながらお誕生日お..
by くみ at 11:48
鍵コメさま:なんとなんと..
by dokoshima at 15:49
くみ様:こんにちは!関西..
by dokoshima at 15:45
かわいい〜♪ 「きれか..
by くみ at 14:10
くみ様:こんにちは。楽し..
by dokoshima at 17:47

ブログパーツ

画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル