<   2011年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

のぼるよコアラ


BGMは、
「のぼるよコアラ」。(→22番で視聴できます。)



d0136804_22482626.jpg



念のため、
これ以上、登れませんが、
本人は、すごーーーく高いところに登っている気分になっているようです。


そして今夜、
旧友が那覇に到着。


るんっ。
by dokoshima | 2011-07-31 22:50 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(0)

栄町☆おばぁラッパーズ

じーまーみー豆腐買ったり、
ちょっと贅沢して珈琲豆買ったり、
あっぱっぱーを買ったり、
むじ汁食べたり、
野菜買ったり、
餃子食べたりする栄町市場

で、月に一度のお楽しみ、
“栄町屋台まつり”に行ってきました。

で、動画はトリで登場した“栄町おばぁラッパーズ”。

・・・すげー。





私もあの年齢に達したときに、
これだけ歌って踊れるかしら?

むりむりむり。

スゲーーーーな~。

それに、なんてたってピースフル。

やさしい時間。

もうひとつ。

これってやっぱり、
石垣島でなく、
沖縄本島は那覇で、
栄町な時間だなって。

うーーーん。

なんか、とっても楽しかったヨ~♪


で、台風きてるヨ~♪


大きいヨ(涙)。
by dokoshima | 2011-07-31 11:25 | 旅する * うろうろ沖縄本島 | Comments(0)

超洗濯日和。

昨日は、
朝からベランダで水遊びをして、
それから郵便局に入金しにいき、
さらに芙木を美容室へ連れて行き、
バーバーハルカのせいで、
ぐちゃぐちゃになったヘアースタイルを整え、
ついでに、
おもちゃ屋でアンパンマンのパズルを買い、
やがて来る誕生日になにが欲しいかを話し合い、
家に戻ってからは買ったばかりのパズルで遊び、
以前に妹がくれたけどやってなかった迷路遊びをして、
図書館で借りてきている本を読んで、
首飾りをつくって。
で、夜。
夕飯はなんだか体の調子がわるいので、
もち米と鶏肉とネギでおかゆをつくり、
パクチーとで食べ。
そうして芙木の仕上げ歯磨きしたあと、
台所でうがいさせようとしたら一目散に逃亡したので、
激怒りしてと、
母ちゃん業にいそしみました。
忙しかったです。
たまにはこうゆう、
母ちゃん業どっぷりな日も必要だなと感じます。


d0136804_714243.jpg



今日は芙木は保育園。
わたしは終日パソコン仕事。
各自、業務に励む日。

暑い日になりそう。

洗濯機もまわそっと。
by dokoshima | 2011-07-27 07:19 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(2)

琉装。和装。

繊維、織、染め、紋様といろいろあるけれど、
仕立てという点に注目しても、
琉装と和装は、
“美”の着眼点が全く異なるのだなと。

髪型から着物まで、
ふっくらと風をはらみ、
目にも、その人のまわりに風が流れるかのようで。

二部敷きはまた、異なるのでしょうけれども。

片岡教授がおっしゃられた、
「紬も紅型も、琉装にしたときにこそはっとする美しさがある」という言葉が印象的でもあり。

そして、
初めて、
紺地の宮古上布をみて、
“美しい”と感じました。
着てこその、着物なのだなと。

写真右は小浜島の上布。
糸は、結ぶのではなく、よることで長くつながっています。

写真左は、上布の着物を、ワンピースに仕立て直したもの。
沖縄では、
沖縄の言葉が制限されたように、
琉装もまた制限された時代が続きます。


d0136804_8114346.jpg



ワンピース、かわいいです。
へちま襟。


そして宮古上布の着物姿の片岡淳教授。


d0136804_8122813.jpg



写真では、わたしが目で感じた生地の美しさが伝わらないのですが、
それはそれは軽やかで、品がよく、艶やかで、繊細で、
きれいだったのです。
みとれるほどに。

片岡教授は毎回、
さりげなく授業内容に即したシャツを着ていらっしゃったのですが、
今回はついに、
浴衣、そして琉装に。
履物もあわせてチェンジして。


来週で、この楽しい講義も終わりです。


多くを学ばせていただきました。
ありがたいことです。
by dokoshima | 2011-07-26 08:16 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(1)

モリスさんと、お散歩。

琉大での「沖縄の染織」の講義のレポート課題は、
浦添美術館で開催された企画展「ウイリアム・モリス」を観ての感想文の提出でした。
今日はこれをだしてきました。

昨晩はこれを書いて、
歴史モノドラマ3本を録画にて超特急でみて、
・・・で、寝不足に。



d0136804_20211040.jpg




それはともかく、
モリスさんと一緒に、
いまの沖縄を歩いてみたら、彼はどんなことをいうのかなと。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *


以下、
企画展をみたときに、
気になった言葉をメモした写し。



*デザイナーが同時に優れた工芸家であることは稀だと考えていたが、「デザイナーはデザインを行っている仕事の状況や必要や限界について直接的な知識を持っている方がはるかに良い」というラスキンの考えに賛同。日々の労働が創造の喜び包まれていた中世ギルド社会の振興を目指し、室内装飾の総合的な活動を通して生活の芸術家を図るという独自の構想を具現化していきました。しかし「労働者の生活にも芸術を」を目標にデザインに励んだモリスの製品は労働者の手に届くのは難しかった。

*工芸あるいは生活の芸術の改革は芸術の枠のなかで解決するのは困難で、労働の対価や労働者をとりまく環境の整備といった政治的かつ社会的な問題であった。

*モリス最後の事業であるケルムスコット・プレスは・・・プライヴェートプレスであった。それは単なる趣味に終わることがなく、これを端にブックデザインに対して自覚を持った印刷工房の設立が盛んになり商業印界の諸問題に対して彼自らが手本を示す結果となった。

*テキスタイルコーナーの入口パネルより
モリスや、植物性や動物性の天然染料の利用を復活させることを目指した。定着材は新しい合成のものを用いた。

*ランプの展示コーナーより
モリスは資本主義のもとでは新しい技術を受容し品質向上のために利用し得た者だけが成功することを見抜き、商業主義社会で成功することと、将来のために手工芸の技を伝えることの均衡をはかろうと努力した。

*タイルパネルの展示コーナーより
そこでは商売上の利益のために芸術性や創作の自由を犠牲にすることはなかった。反産業主義的な理想が最も総合的に達成されたのは、陶器製造業だったかもしれない。

*モリス商会は刺繍の図案と完成品の両方を販売していた。

*いちご泥棒 1883 内装用ファブリックの展示コーナーより
モリスとトマスウォードルはインディゴ染料を用いた木綿プリントの試作をクイーンスクエアで続けていた。1881年にはモリスは、マードン・アビーに移転し、そこで復活させたインディゴ染色技法を保存しようとかたく決意した。

by dokoshima | 2011-07-25 15:17 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(0)

取材のお願い・・・。

ここ数ヶ月、
ジタバタゆるゆるとあれこれ資料をさがしだし、読み重ね、
まあ、でも、
資料を読める時間は限られているのだけれど、
ともかくぼちぼち読んで、
ようやく、
会いたいお相手に、
ラブコールを送ることが許される段階まできたような気がして、
昨日、電話を。

そして今日、会いに行ってきました。

取材、受けていただけることになり。
なによりうれしいこと。

2001年に、
一度取材させていただいた方。
そのときの記事をお渡ししたら、
斜め読みではなく、
それは丁寧に一行ずつ読んでくださり。

取材が動き始め、
原稿になるまでに数ヶ月かかることになるとは思いますが、
とすると10月とか11月!、
と、とにかく、モノガタル、
歩みは止めておりませんので、
やめたと思わず、お待ちいただければ幸いです。

そして那覇は今日も、暑いです。


d0136804_1532896.jpg

by dokoshima | 2011-07-23 15:04 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(3)

ゴーヤーを食べるのだ。

食欲は減らないけど、
夏バテ。
コメントのお返事さしあげないままで、
ごめんなさい。

ところで、
何度も書いていますが、
私はゴーヤーが苦手。
で、夫は好物。
幸い今年は高いので買わずにいたら、
石垣島在住の夫の仕事仲間が、
採れたて摘みたてゴーヤーを送ってくださり。

これがまた、
じつに見事なゴーヤーで敵(敵?)ながらアッパレ。


d0136804_2202919.jpg



ゴーヤーに、
ナーベーラーに、
キュウリ。
瓜づくし。

ぷんとゴーヤーの香り。

夏。

というわけで、
母ちゃんは覚悟を決めて、
旨いゴーヤー料理を作るべしと台所にたった次第でございます。

まず、
ゴーヤーチャンプルー。
島豆腐はいれません。
キュウリの乱切りがはいっています。
塩をまぶして一日置いた豚ロースのかたまりを、
厚めに切り刻み、
「おいしいから今日もまた」という料理本にでていたレシピを真似、
泡盛と醤油で調味。


d0136804_1017728.jpg



ちなみにこのチャンプルー、
夫と一緒に食事をするようになって以来、
こんなに褒められたことはない、というような褒められっぷりでした。
やはり、
ゴーヤーチャンプルーを作らないことを根に持っているのかしら?


d0136804_1017487.jpg



それから、
ゴーヤー薄切りをゆでて、
水にさらして、冷やして、
梅肉とめんつゆで和えたもの。

器が素敵だわ~。
もっと使わなくっちゃ。

そして伝授していただいた、
ゴーヤーの佃煮。
これ、最高!



d0136804_10182797.jpg




どっさり。



d0136804_10185663.jpg




ゴーヤーを切り刻んで、
さっとゆでて、
醤油と砂糖と酢でグツグツ。
ちりめんじゃこをアクセントに。
美味しいので、
ゴーヤーがどっさり舞い込んだらぜひお試しを。
ご飯がすすみます。

・・・だから、
太るのね。

ただ、夫いわく、
夏痩せをしなくなったら、
ウチナーンチュなのだそう。

沖縄で暮らして何年か忘れたけど、
ついに、
体が沖縄仕様になってきたのかしら。

最後に、
やはり夏にいただくゴーヤーはおいしいですね。
大好きではありませんが、
あら、おいしいな~、と思いました。
新鮮だからかな?

で、考えたのです。
私はもしかしたら、
生ゴーヤーのあの匂いが苦手なのかもと。
だからどうも、料理する気がしないのかなと。

とにもかくにも、
ゴーヤーをおいしく感じた、
38歳の夏でした。
by dokoshima | 2011-07-22 22:06 | 食べる * いろいろ | Comments(0)

名付け親。


d0136804_8473357.jpg



「美ら島物語」に、
「美ら島物語」という素敵な名前をつけてくださった沖縄が大好きだった方が、
お亡くなりになられました。

素敵な名前を、
ありがとうございました。
by dokoshima | 2011-07-22 08:50 | 那覇暮らしな日々のこと | Comments(0)

ソーキ

ソーキの、
割引品を3パックゲットしたので、
なにか作ろうと。
ただ、ソーキ汁の気分ではないし、
ソーキのクレソンスープもちょっと飽きたし。


で、あちこち検索して、
ここに到着。


『みんなのきょうの料理』から、
山根大介さんの「スペアリブの煮込み」。
http://www.kyounoryouri.jp/recipe/702_%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%96%E3%81%AE%E7%85%AE%E8%BE%BC%E3%81%BF.html


栄町市場で、
くだびれたセロリが80円で売られていて、
これください、と言ったら、
50円にしてくれ、
それを切り刻み・・・。

ドライトマトはなかったので、
ほんの少しだけケチャップを投入。

じゃがいもも、
メークインはなかったので、
煮崩れぬよう気をつけつつ、
男爵で代用。


d0136804_881049.jpg



こりゃ、旨い。

レモンは、
市場で見つけた愛媛産のものを。

レモンが爽やかで、
お洒落な一品。

もっと野菜を入れてもいいかな~。

また作ろっと。
by dokoshima | 2011-07-20 08:10 | 食べる * いろいろ | Comments(3)

3つのテレビ番組と、ホウオウボク。

テンペスト」(琉球:番組公式HPによると時代は“幕末。琉球王国末期”。ということで19世紀中盤なのかなと。ちなみにドラマにでてきたベッテルハイムが来琉したのが1846年で、日本政府が「琉球処分」を強行し沖縄県を設置したのが1879年。)に、
イ・サン」(李氏朝鮮:1752-1800〈ウイキペディアより〉)に、
」(日本:1573-1626)と、
歴史ドラマに忙しい今シーズン。

すべて録画で、
オープニング曲などは3倍速でかっとばし、
作り手の皆さんが聞いたら気絶するかとは思いますが、
心情を描く美しいシーンの類は倍速にて、
芙木が寝ている時間に観ています。
でもこうやって観ると、意外とコンパクトになるので睡眠時間を削ることなく観られるのです。

それにしても、
なんと楽しいドラマ鑑賞。

3つの国の、
まあ、時代は多少はズレますが、
関わりある国たちを垣間みて、
明だったり清だったりとの関係含め、ドキドキワクワク。

楽しいです。



d0136804_631375.jpg




d0136804_633275.jpg




d0136804_642230.jpg

by dokoshima | 2011-07-19 06:29 | 草木と、ベランダ。 | Comments(1)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

*こちらも、ぜひ。

今日の美ら島 沖縄本島編
毎日更新中♪

美ら島物語

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。

最新のコメント

くみ様:おはようございま..
by dokoshima at 08:09
微妙な色が気になりつつも..
by くみ at 13:58
鍵コメさま * いただい..
by dokoshima at 13:52
鍵コメさま * うふ♪ ..
by dokoshima at 05:16
くみ様 * こんにちは。..
by dokoshima at 12:17
音読がとても大切と思った..
by くみ at 21:55
鍵コメさま : 変身っ!
by dokoshima at 08:00
鍵コメさま:ありがとう!..
by dokoshima at 13:14
鎖の間でのお茶という誘惑..
by くみ at 20:47
春ですね♪ 宮崎では今..
by くみ at 23:41

ブログパーツ

画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル