<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

さらば、保育園。

近所の保育園に、
週一回、
遊びに行くことが習慣になりつつあったこの頃。

お砂場あそび、とか、
お誕生会とか。
12月はクリスマス会もある予定。

だったのですが、
先程電話が。

園で、
新型インフルエンザがでたので、
(なんかお化け風のいいまわしですね)
年内は大事をとってお休みにします、と。

がーーーーん。

お話しできる方ができたりもしつつあったので。
とても残念。
新型インフルエンザの奴め。

ちなみに先日小児科へ、
季節性インフルエンザの予防接種を受けに行った折、
先生に、
新型のワクチン接種の予定はありますか、と聞いたら、
もうおわったよ、と。

・・・。

出遅れた。
完全に出遅れた。

先生いわく、
「新型にかかって重篤になるのはごく稀だから」と。

ちなみにこの予防接種に行ったときの先生からの最初の一言は、
この子は強そうだね、でした。

ぷぷぷ。

ま、いっか。

手洗い、うがい、外での運動、しっかり栄養摂取、たっぷり睡眠で、
風邪も各種インフルエンザも吹き飛ばしましょう。

それにしても、・・・。

保育園、残念。
楽しかったので。

あーあ。
by dokoshima | 2009-11-30 13:53 | 1歳の日々 | Comments(1)

読書のこと。「停電の夜に」(ジュンパ・ラヒリ)

最近読んだ本。

「停電の夜に」(ジュンパ・ラヒリ)

「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(佐野眞一)


d0136804_22331791.jpg



沖縄に暮らすのなら、
読むといいかもと思う一冊が、
佐野眞一の、この本かなと。
媚がなく、読んでいて爽快。

「停電の夜に」は、
ある人がよかったわと。
どんな風によかったのか?と聞いたら、
読みおわったときに、
パタンと閉じる感じと。
本当にそうゆう感じ。
無駄がなく、
味わい深い。
9つの短編からなる本。
もう一度、読みたくなるのかも、この本は。

いい読書は、
幸せ。
by dokoshima | 2009-11-28 22:39 | ときたま大人本 | Comments(2)

「あんぱんまん」 * 1歳2ヶ月

今月の絵本は、
1冊。

「あんぱんまん」(作・絵 やなせ・たかし/フレーベル館)

d0136804_1402420.jpg


ここのところ、
世の幼児たちに絶大な人気を得続けている、あんぱんまん。

その人気は凄まじく、
妹の娘(2歳)も、あんぱんまんの熱烈なファン。
あんぱんまんグッズに囲まれ、
いかにも満足げな、
ほほえましい写真が携帯に送られてきたりも。

とにかく、
小さな子供たちに猛烈な支持を受けている、あんぱんまん、ゆえ、
たとえテレビであんぱんまんの番組を観なくても、
おもちゃ売り場で、
衣料品売り場で、
生活雑貨売り場で、
食品売り場で、
望むと望まざるとあんぱんまんを知ってしまうのです、
子供たちは、そして大人も。
意識して見渡してみてください。
歯ブラシ、お菓子、飲み物、シャンプー、おむつ、薬、パジャマ、
いたるところにあんぱんまんが潜んでいるから。
それはもう、ちょっと怖いほどに。

で、
わたしはというと、
どうも、あんぱんまん、が好きになれず。
色といい、形といい。
テレビ番組「それいけ! アンパンマン」をみても、なんだかイマイチ。

とはいえ、
娘のなかには確実にあんぱんまんは入り込み、
我が家にも、
あんぱんまんのラッパと、
プラスチック製の動くあんぱんまんと、
あんぱんまんのブロックがあるのです。

あんぱんまんのブロックにいたっては、
もう狂おしいほどに好きなようで、
日中は隠して夜だけ登場させているのですが、
あんぱんまんブロックが詰められた箱をみると、
それまで手に持っていた玩具を、
ポトリと手から落とすほどに魅せられているのです。

想像してみてください。

手に持っていた、
それなりに大事なものを、
ポトリと落とすほど心奪われるものを。

大人になると、
そうゆうものって、なくなってしまうような。

箱のなかに、
巨大なダイヤモンドと金の延べ棒とプラチナと札束がはいって、
いえいえ、もっとだな、ザクザクと美しい宝飾品が溢れんばかりに詰められていて、
さらに、ウニとアワビが山盛に添えられていて、
これあげる、と言われたら、
まあ、
手に持っていた一眼レフをポトリと落とすかもしれないなと。

・・・。
ちょっと、違うな。

とにもかくにも、
いまの芙木は、
それくらい、あんぱんぱんに魅せられてしまっているのです。

とはいえ、
やっぱりわたしは、
あんぱんまんを決して嫌いではないものの、
好きにはなれないのですが、
原点を知りたいとは思ったので、
この本を購入。

そうなのです。

この本は、
あんぱんまん、の最初の一歩。

すべてはこの本から始まったらしいのです。

初版は1979年5月。
手元の本は、第61刷。

ご存知の方も多いのでしょうね、この本は。

あんぱんまん、が、
さばくのまんなかで おなかがすいて、しにそうになっているたびびとや、
きれいなちょう を おいかけているうちに、みちにまよってしまったこどもに、
じぶんのあたま を たべさせるのです。

そうして、
あたまがはんぶんになったり、
あたまがなくなったあんぱんまん、がそらをとび。

絵の雰囲気も、
お話しも、あたたかく。

いいな、この本、と。

この本は、すき。

d0136804_14325342.jpg


ちなみに芙木はというと、
読んで、と「あんぱんまん」を持ってはくるのですが、
まだ芙木の月齢には早いようで、
何ページがめくるうちに、
別の本へと気が移る様子。

そうしてわたしは、
いつも最後まで読めず気持ちがわるいので、
ひとり台所で読みました、
「あんぱんまん」。

あー、すっきり。

絵本って、
大人からしたらとっぴょうしもない内容だったりもして、
この感じが、楽しい。

だって、頭をたべられちゃうんですよ、あんぱんまん。

そしてそのままとんじゃうんですよ、空を。

で、また、おいしいアンコがたっぷりはいった顔を、
作ってもらうのですから。

いいな、子供って。

こうゆう世界を心から楽しめる子供が、
うらやましい。

やなせたかしさんの、
ほかの絵本も、読んでみたいです。


◆    ◆    ◆    ◆


高知県にある、
  やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム

by dokoshima | 2009-11-28 14:46 | ときたま娘本 | Comments(6)

タコス

土曜日のタコスは、
宜野湾で。
「メキシコ」。

d0136804_159245.jpg


タコスの皮、
トルティーヤはやわらかく。
挟まっている肉の味が、
ことのほか好みで。
タコスって、こんなにおいしかったかしらと。
ちなみにメニューは、タコスのみ。
飲み物は、瓶入りドリンクを自分でとりだし、
栓を抜き飲む。
ランチタイムが佳境に入ると、
続々とお客さんが。


◆    ◆    ◆    ◆    ◆


日曜日のタコスは、
キャンプハンセンの街、
金武の「パーラー千里」にて。

d0136804_1595628.jpg


レタスたっぷりで、
ソースはきりりと辛くパンチがあるので、
夏にあうはず。
うん。
こちらもまた食べたい!


d0136804_151241100.jpg




d0136804_1513198.jpg




d0136804_15131564.jpg




d0136804_15145739.jpg




d0136804_15182628.jpg

by dokoshima | 2009-11-26 15:19 | 食べる * いろいろ | Comments(8)

コザ。ゲート♯2フェスタ

この連休、
コザで行われた「ゲート#2フェスタ」。


d0136804_12591477.jpg



琉大プロレスとか、
アームレスリングとか、
琉球古典芸能の三線と踊りとか、
自転車のパフォーマンスとか、
アニメソングやミスコンとか、
夜にはサンバパレードなども行われてしまう、
激しくチャンプルーなイベント。


d0136804_1354788.jpg



で、
わたしはバイクのパレードを観に。
結局知り合いの島のおじさまは見つからなかったが、
夫のクールな趣味をお持ちの上司や、
「美ら島物語」にもしばしば登場なさるカメラマンの波照間さんなどに遭遇。
ちなみにクールな上司さんいわく、
スピードを求めるバイクと、
そうではないものを求めているバイクとあるのだと。
なるほど。

革のチョッキの胸元には、
仲間と共にバイクで旅したときの、
記念のプレートが幾つか。

d0136804_12594229.jpg


孫と楽しむハーレーも。

d0136804_13145612.jpg


ああ、
おばあちゃんになったとき、
真っ白なおさげを風になびかせ、
誰かとツーリングしたいものだわと。

d0136804_1362128.jpg



d0136804_12592913.jpg



d0136804_12595537.jpg



d0136804_130795.jpg



d0136804_1301870.jpg



母さん、
今日はいったいなんなの?


d0136804_135950.jpg



ちなみに、
一本筋道にはいれば静かで、
こうゆう家があったりも。
by dokoshima | 2009-11-24 13:30 | 旅する * うろうろ沖縄本島 | Comments(10)

モノガタル

のんびりのんびりですが、
JTAの「美ら島物語」に掲載させていただいている、
「モノガタル オキナワ ノ モノ」を更新しました。

のんびり。

今回は、
石垣島の「あざみ屋」でお話しを伺いました。

いまやごく自然に島の暮らしに溶け込んでいる「みんさーウエア」。
わたしにとっても身近なこの服が、
心にすとんと落ちたのを感じた取材でした。

なんだかすっきり。

お時間があるときにでも、
ご覧いただけるとうれしいです。


http://www.churashima.net/tsutaeru/goods/index.html


で、
今朝は次に取材したい方をぼんやり思い浮かべてみたり。
by dokoshima | 2009-11-20 08:15 | プロフィール+お知らせ | Comments(3)

宮崎県

両親が老後を過ごす地として選んだのは、
宮崎県。

行ってみたら、
どけんかせんといかん、と県知事は言うけれど、
旅人にはじつに心地いい土地で。

d0136804_14392246.jpg


観光名所、宮崎県庁。
沖縄県庁よりもずっとずっとセクシー。

d0136804_14394287.jpg


宮崎滞在中、100回は東国原知事に会った。
シール、パネル、お土産物の袋などで。
この知事は、県庁のパネル。

d0136804_14395192.jpg


県庁前の楠木たちは、優雅。
黒々とした幹が、じつに、いい。

d0136804_144047.jpg


宮崎の海は、壮大。
大分は瀬戸内海ゆえ、
わたしは、こうゆう海が物珍しい。
沖縄の海は、ビーチが白いし。
もっとこう、なんだか陽気だし、一見。
というわけで、宮崎の海に感動。

d0136804_14413576.jpg


霧島の噴火口。
沖縄にいると、
噴火口が珍しく感じるように。

d0136804_14414715.jpg


霧島+桜島。
火山だらけ。
宮崎から福岡へ向かうときには、
雲仙も見えた。

d0136804_1442044.jpg


鹿児島県の硫黄島。
俊寛伝説の地。
こちらも火山。
やっぱり日本は、火山だらけだ。

d0136804_1442155.jpg


宮崎を選んだ気持ちが、
わかったような。
いい住まいが見つかり、
よかったよかった。

なお私は、
宮崎の美容室で、シイの実みたいにカットしてもらいました。

すっきり。

よかったよかった。
by dokoshima | 2009-11-19 14:56 | 旅する * 県外 | Comments(9)

メモ。

ここ数年、
実家のトイレに居座り続けている岩波文庫の「新訓 万葉集 上巻」より。


天の海に雲の波立ち月の船星の林にこぎ隠る見ゆ


いま、っぽい。
編集時にこっそり、
いまの人が、
自分の歌を紛れ込ませてたりして、と楽しそうな母。
本当に。

万葉集、
私も一冊トイレに置こうかな。
by dokoshima | 2009-11-16 21:21 | ときたま大人本 | Comments(1)

ちょっくら九州へ。

那覇へ引っ越したばかりの頃にいただいたブーゲンビリアが、
ついに、
花をつけました。
うれしい。
やっぱり沖縄のベランダには、庭には、
ブーゲンビリアは欠かせません。


d0136804_6454959.jpg



で、今日から私は九州へ。
両親が、
お引越しをしたので、
その新居を観に行きたくて。
ついでに少々母の留守番をしたりも。

でも今回は、
子連れ飛行機乗り継ぎ・・・。

どうもいい塩梅でない接続なので、
あれこれ思案中。

お散歩日和な那覇ですが、
というわけで、
水曜日までブログ、
サボります。


で、こちらは「今日の美ら島」で紹介した鳥の空き巣です。


d0136804_6461796.jpg



では、行ってきます!


紅葉、しているかな?
まだかな?
by dokoshima | 2009-11-12 06:48 | 0歳。沖縄編(09年4月5日~) | Comments(2)

ぬか漬け


郷に入っては郷に従え、ですが、
石垣暮らし+オキナワ暮らしを通じ、
どうしても欲求を抑えることができず、
ここの気候にはあわないことを承知で、
ついに始めました、ぬか漬け。

d0136804_1751170.jpg


過日、
京都へ行った折に「藤井大丸」の地下食品売り場で、
1袋500円の糠床と目が合い、
ふた袋お買い上げ。

以来、
キュウリ、白菜、ニンジン、大根、と漬けてみました。

いまのところ、
キュウリが一番、
いい感じに漬かるような。

大根は漬かりが浅くイマイチだったので、
細かく刻み、
白ゴマと合えたらおいしくなりました。

まあ、
始めたばかりですからどうしたって糠床が若く、
味に深みがないわけで。

大分産干しシイタケや、
大分産赤唐辛子をくわえ、
宮古島の塩を投入。

育つのが楽しみ。

かわいくてたまらん、糠床。

これからは趣味を問われたら、
園芸とぬか漬け、と答えよう。

ちなみにもちろん室温では腐るので、
なにしろオキナワはいまだ夏服ですから、
糠床ちゃんは冷蔵庫へ。
ただ、糠床が一番熟す温度は20~25度らしいので、
そのうち涼しい日があったら、
冷蔵庫からだしてみようかとも。
育てる喜び。

というわけで、
只今ぬか漬けフレンド募集中。

糠床について、
語り合いたいわ、誰かと。

なお、
マイ糠床を持つ決心をさせてくださったのは、
石垣在住の某お母さん。
冷蔵庫で保存すれば大丈夫と教えてくださり。
くわえて、
留守するときは、
表面に塩をみっちり敷いておけば大丈夫、とも伝授していただき。

糠床、
持っている方いらっしゃいますか?
うふふ。

そうそう、
アスパラガスも、
ぬか漬けにできるとのこと。

ああ、
楽しい。
by dokoshima | 2009-11-11 17:07 | 食べる * いろいろ | Comments(16)


今村治華(いまむらはるか)の 那覇暮らし、いろいろ。


by dokoshima

プロフィールを見る
画像一覧

*こちらも、ぜひ。

今日の美ら島 沖縄本島編
毎日更新中♪

美ら島物語

ライフログ


沖縄離島の島あそび島ごはん (Seishun Style Book)


島を旅する

カテゴリ

全体
《 沖縄、島、旅のこと。 》
那覇暮らしな日々のこと
旅する * 沖縄歴史探訪な感じ
旅する * うろうろ沖縄本島
旅する * 沖縄の島
沖縄で体験ツアー
つくりびと+つかいびと
食べる * いろいろ
食べる * 沖縄そばメモ
食べる * 沖縄ぶらんち
うちなーで胃袋世界一周
8歳の日々
台風とか、天体とか
* * * * * * *
旅する * 県外
旅する * 海外
てくてくと取材
* * * * * * *
プロフィール+お知らせ
草木と、ベランダ。
音楽、映像、映画、ブログとか
情報いろいろ
いいな、と思った店とか・・・。
* * * * * * *
ときたま娘本
ときたま大人本
* * * * * * *
《 母さんな日々 》
家庭内行事 & 季節のごはん
7歳の日々
6歳の日々
5歳の日々
4歳の日々
3歳の日々
2歳の日々
1歳の日々
0歳。沖縄編(09年4月5日~)
0歳。大阪編(~09年4月4日)
妊婦な時間(~08年9月22日)
ぎこぎこバイオリン
大阪暮らし(08年元旦~)
ゴーヤー日記2008夏
助手席の車窓から
楽しく、空旅&風景&機内販売。
夫のパスタ。

最新のコメント

くみ様:おはようございま..
by dokoshima at 08:09
微妙な色が気になりつつも..
by くみ at 13:58
鍵コメさま * いただい..
by dokoshima at 13:52
鍵コメさま * うふ♪ ..
by dokoshima at 05:16
くみ様 * こんにちは。..
by dokoshima at 12:17
音読がとても大切と思った..
by くみ at 21:55
鍵コメさま : 変身っ!
by dokoshima at 08:00
鍵コメさま:ありがとう!..
by dokoshima at 13:14
鎖の間でのお茶という誘惑..
by くみ at 20:47
春ですね♪ 宮崎では今..
by くみ at 23:41

ブログパーツ

画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

ブログジャンル